町田版 掲載号:2017年10月19日号
  • googleplus
  • LINE

サレジオ高専 ソーラーバイクレースで快挙 3輪部門で3連覇達成

教育

疾走するGW-01号(サレジオ提供)
疾走するGW-01号(サレジオ提供)
 電動バイクの製作を通じ、環境や若者のモノづくりへの関心を高める目的で、企業や学校などのチームがその性能を競い合う「第13回ソーラーバイクレース2017in浜松」が9月16日、静岡県浜松市のオートレース場で開催された。市内からはサレジオ工業高等専門学校(小島知博学校長)機械電子工学科の学科プロジェクトチームが「5時間耐久レース・3輪部門」に出場した。

 当日は、台風18号の影響で、2日間開催の予定が、16日のみ1日開催となり、通常行われる予定だった「6時間耐久レース」、「スプリントレース」、「フリースタイル競技」が統合され、急きょ休憩なしの「5時間耐久レース」のみの実施となった。

 降りしきる雨の中でのレースの結果、3輪部門に出場したサレジオチームのマシン「GW―01」が1位となった。同チームは昨年のスプリントレース(スラローム走行スピード勝負)優勝に続き、同大会3連覇の快挙を達成した。

 雨の影響により、ソーラーパネルで競技用バッテリーへの充電ができない状態。したがって各チーム競技用バッテリーをどのように使用するかを考えながらのレースとなった。「GW―01」は昨年優勝したマシン「MD3」を全面改良して走行性能を向上させたもの。リチウムイオン電池は小型・計量・大容量のものを搭載させた。学科プロジェクトのリーダー杉山大季さんは「スイッチが誤作動しないよう、サランラップなどで防水しました。時間のない中で、ほぼぶっつけ本番で臨んだレースでしたが、結果が出せてよかったです」と話していた。

チームのメンバーとサポートの先輩たち(同)
チームのメンバーとサポートの先輩たち(同)

東京大改革に向けた意見交換会

~真に戦うべき敵とは~ 主催 都民ファーストの会 おくざわ高広

http://okuzawa-takahiro.com/

<PR>

町田版のローカルニュース最新6件

プロでの活躍に期待

「若い世代も投票を」

脱原発など

公開講演会

脱原発など

12月7日号

癒しのXマスコンサート

笑顔あふれるひとときを

癒しのXマスコンサート

12月7日号

木原信義氏が出馬

市長選

木原信義氏が出馬

12月7日号

SFブラックコメディー

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

手作り門松で迎春

手作り門松で迎春

小山田緑地の里山カレッジ講座

12月16日~12月16日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク