町田版 掲載号:2017年11月30日号
  • googleplus
  • LINE

アートでみんながつながった 里山農園でチャレンジドイベント

社会

一人ひとりの作品が魅力的なアートに
一人ひとりの作品が魅力的なアートに
 「障害のある人たちが自由に思いを表現し、地域で生活する人たちと交流する場を作りたい」。多摩丘陵病院近く、下小山田町の大谷里山農園で23日、「アートでつなぐ里山農園秋祭り〜多摩チャレンジドアートフェスティバル2017」が開かれた。これは同農園で恒例として行われている焼き芋イベントと、障害がある人たちのアート作品を展示する参加型アートイベントが同時開催したもの。当日は雨がやんだ昼過ぎから、たくさんの来場者が同農園におしかけた。

 障害者支援施設として同農園を使用しているNPO法人プラナス(高井大輔代表)の呼びかけで集まった各団体による「観る」「作る」「食べる」のイベント。

 プラナスと交流のあるアートディレクター大藤雅幸さんが、障害のある人たちの作品をもとに様々なアートに彩られた空間を創出。来場者は展示を楽しみながら、自然素材の小物作りなどのワークショップを行い、専用釜で焼いた焼き芋や焼き鳥などを食べながら、里山の景色と合わさった心地よい雰囲気を満喫した。高井さんは「誰が障害者で、誰が健常者かわからない素晴らしい交流ができた」と喜び、同農園の大谷良文さんは「元々農園会員だけで行っていたイベントが広がりを見せている。今後も様々な形で里山の良さを知らせていけたら」と話した。

町田版のローカルニュース最新6件

東京大改革に向けた意見交換会

~真に戦うべき敵とは~ 主催 都民ファーストの会 おくざわ高広

http://okuzawa-takahiro.com/

<PR>

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

塩作りから考える

塩作りから考える

里山農園でお話会

12月16日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク