神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
都筑区版 公開:2015年5月28日 エリアトップへ

横浜パラトライアスロン 神田さん(区内在住)が栄冠 伴奏者との綿密作戦実る

スポーツ

公開:2015年5月28日

  • LINE
  • hatena

 みなとみらい21地区周辺をコースにした横浜トライアスロン大会が5月16日、17日に行われ、区内在住の神田信さん(49)が視覚障害者の一般の部で優勝した。伴走者のサポートのもと、初出場でつかんだ栄光だった。

 水泳、自転車、ランニングを連続して行うトライアスロン。横浜大会は今年6回目で、身体に障害のある人が参加する「パラトライアスロン」が同日に開催されている。障害によって出場区分が変わり、水泳0・75Km、自転車20Km、ラン5Kmの計25・75Kmのコースにエントリーした。神田さんはトライアスロンに初挑戦。約30年のベテラン、綱島浩一さん(47)を伴走者とし、初のタンデムバイク(二人乗り自転車)にもまたがった。神田さんは「地元開催の大会で表彰台に立てたことがうれしい。楽しく完走できた」と笑顔を見せた。

反省踏まえ猛チャージ

 神田さんは都内に勤める会社員。30代で視力が低下し、暗い所はほとんど見ることができない。しかし学生時代は水泳に打ち込んだこともあり、今でも障害者水泳大会で上位入賞するほどの実力の持ち主だ。トライアスロン出場のきっかけは「50歳になる節目に、新たなことに挑戦しよう」という幼馴染の誘いからだった。

 神田さんは16日のエリート部門、17日の一般部門でエントリー。水泳では2人にチューブをつないで泳いだほか、初の伴走者を担った綱島さんはカーブする際、「右に90度。3、2、1」などとカウントダウンしながら進んだ。互いに不慣れな部分もあり、初日は完走したものの最下位でゴールとなった。

 悔しさで火が付いた神田さん。翌日は反省を踏まえ、2人で作戦を綿密に練った。水泳はチューブのたるみ具合で距離感を計るなどして調整。タンデムバイクも息をぴったりにそろえ、最高時速は約40Kmまで上った。結果、総合記録1時間28分32秒でゴールした。綱島さんは「経験者として技術を伝授してきたが、まさか優勝してしまうとは。神田さんの不屈の精神に感服です」と話し、固い握手を交わした。

都筑区版のトップニュース最新6

「踊ることで誰かの力に」

ダンス&パフォTSU・ZU・KI

「踊ることで誰かの力に」

「3.11」から続く支援公演

7月11日

コロナ前水準に回復

横浜市観光客数

コロナ前水準に回復

前年2割増の3600万人

7月11日

個室授乳室を駅に寄贈

小児科医望月さん

個室授乳室を駅に寄贈

市営地下鉄で初導入

7月4日

県初Vで2年連続全国

港北ブレイズ

県初Vで2年連続全国

全日本小学生男子バレー

7月4日

「無料塾」 活動の輪、広げて

都筑区在住吉沢さん

「無料塾」 活動の輪、広げて

開校3年で成果も

6月27日

救急要請を“予防”

横浜市消防局

救急要請を“予防”

出場件数急増に危機感

6月27日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月11日0:00更新

  • 7月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook