都筑区版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

横浜パラトライアスロン 神田さん(区内在住)が栄冠 伴奏者との綿密作戦実る

スポーツ

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena

 みなとみらい21地区周辺をコースにした横浜トライアスロン大会が5月16日、17日に行われ、区内在住の神田信さん(49)が視覚障害者の一般の部で優勝した。伴走者のサポートのもと、初出場でつかんだ栄光だった。

 水泳、自転車、ランニングを連続して行うトライアスロン。横浜大会は今年6回目で、身体に障害のある人が参加する「パラトライアスロン」が同日に開催されている。障害によって出場区分が変わり、水泳0・75Km、自転車20Km、ラン5Kmの計25・75Kmのコースにエントリーした。神田さんはトライアスロンに初挑戦。約30年のベテラン、綱島浩一さん(47)を伴走者とし、初のタンデムバイク(二人乗り自転車)にもまたがった。神田さんは「地元開催の大会で表彰台に立てたことがうれしい。楽しく完走できた」と笑顔を見せた。

反省踏まえ猛チャージ

 神田さんは都内に勤める会社員。30代で視力が低下し、暗い所はほとんど見ることができない。しかし学生時代は水泳に打ち込んだこともあり、今でも障害者水泳大会で上位入賞するほどの実力の持ち主だ。トライアスロン出場のきっかけは「50歳になる節目に、新たなことに挑戦しよう」という幼馴染の誘いからだった。

 神田さんは16日のエリート部門、17日の一般部門でエントリー。水泳では2人にチューブをつないで泳いだほか、初の伴走者を担った綱島さんはカーブする際、「右に90度。3、2、1」などとカウントダウンしながら進んだ。互いに不慣れな部分もあり、初日は完走したものの最下位でゴールとなった。

 悔しさで火が付いた神田さん。翌日は反省を踏まえ、2人で作戦を綿密に練った。水泳はチューブのたるみ具合で距離感を計るなどして調整。タンデムバイクも息をぴったりにそろえ、最高時速は約40Kmまで上った。結果、総合記録1時間28分32秒でゴールした。綱島さんは「経験者として技術を伝授してきたが、まさか優勝してしまうとは。神田さんの不屈の精神に感服です」と話し、固い握手を交わした。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

「頑張れボツワナ‼」

茅ケ崎小4年

「頑張れボツワナ‼」 教育

選手団へ応援動画作成

7月22日号

開学に向け準備進む

ミス・パリの美の専門職大学

開学に向け準備進む 社会

牛久保に23年春めざし

7月22日号

初優勝でインターハイ

荏田高井上さん

初優勝でインターハイ スポーツ

夢の舞台で目標の51秒台へ

7月15日号

倒産件数、上半期は大幅減

倒産件数、上半期は大幅減 経済

特別融資、支援金が下支え

7月15日号

女子チームが全国大会へ

都筑小拠点竹の子会

女子チームが全国大会へ スポーツ

小学生のハンドボール

7月8日号

通告・相談件数が過去最多

横浜市児童虐待

通告・相談件数が過去最多 社会

社会的関心の高まり背景

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第13回『結膜炎はうつりますか?』

    7月22日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter