都筑区版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

横浜市 障害者雇用、法定率下回る 増加傾向も30人不足

社会

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市職員の障害者雇用率が、法で定められた基準に達していない実態がこのほど明らかになった。市では職員の雇用促進に向けた動きを加速化するとともに、民間協力団体である指定管理者を実態把握の対象に加えるなど、公民を問わない「全市をあげた取り組み」を図る姿勢を示している。

専門職部局で低調

 今年4月、国や地方自治体の法定雇用率が2・3%から2・5%に引き上げられた。市職員の障害者雇用率は2・41%にとどまり、法定雇用率を0・09ポイント下回った。林文子市長は定例記者会見で「障害のある職員の活躍の場を広げることは大事だ」と述べ、全市を挙げて障害者の雇用促進に取り組む姿勢を示した。

 市人事課によると、6月時点で障害のある職員は605人。新たな法定雇用率を達成しようと、市は2018年度の採用から精神障害者の嘱託職員を募集するなど計32人を採用した。障害者数は5年前に比べて57人増加しているが、算定上30人が不足している状況となっている。

 内訳を見ると、市長部局は2・82%と上回っているが、医療局病院経営本部(1・59%)や市教育委員会(1・86%)などが全体を押し下げている。市の担当者は「免許が必要な組織では人材が絞られ、多くの人を雇用するのは厳しい」との見解を示している。

指定管理者も調査へ

 さらに、市は指定管理施設(計937カ所)を運営する217法人についても、雇用割合の実態調査に乗り出す方針を打ち出した。渡辺巧教副市長が9月11日の市会常任委員会で「実態把握を進め、事業者への働きかけを検討する必要がある」と述べて分かった。

 指定管理施設の運営法人については、障害者雇用率を把握する義務がなかったため、これまで実態を把握しきれていなかった。外郭団体(計37団体)については毎年、雇用状況報告書で確認していたという。

 市は関係局の調整がつき次第、実態把握を進めていく方針だ。

都筑区版のトップニュース最新6

児童養護施設に家具寄贈

IKEA港北

児童養護施設に家具寄贈 社会

区内では初の取り組み

1月21日号

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月21日号

都筑区は517人感染

新型コロナ

都筑区は517人感染 社会

18区中11番目に多い数値

1月14日号

影絵で都筑を元気に

劇団かかし座

影絵で都筑を元気に コミュニティ文化

オンライン配信にも注力

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

県知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

感染症対応に「職員一丸」

新型コロナウイルス

感染症対応に「職員一丸」 政治

中野区長、抱負語る

1月7日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク