都筑区版 掲載号:2019年6月6日号 エリアトップへ

大正末期〜昭和の北山田から 第28回 都筑区の歴史を紐解く 文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

掲載号:2019年6月6日号

  • LINE
  • hatena
開発前の北山田
開発前の北山田

小学校

 やっと小学校に入学しましたが、学校も軍事色が強くなり、先輩後輩の差が厳しく、特に高等科の週番は下級生には恐れられる存在だった。週番は赤白の縦縞のたすきをかけ、校内ににらみをきかせていた。掃除当番の時は週番の検査を受け、パスしなければ何回でもやりなおしさせられた。

 先生も週番には一目おいていた。だが低学年(一・二年生)には親切だった。朝の自習時間には手を取って教えてくれた。なにかにつけ面倒みがよかった。朝の朝礼には全校整列し、週番の指揮で奉安殿を遥拝、ラッパ手(高等二年)の吹奏により、国旗掲揚がかかさず行われた。

 三年頃より校庭も青年学校の教練の日課が増え、軍事訓練に使われる日が多くなった。軍隊出の小学校の先生も多くなり、青年学校の教練指導員を兼任することが度重なり、その都度、小学校は自習が増えてきた。学校の窓から見える先生の軍服姿を誇らしく思った時代だった。

 学校の帰りに、友達とお寺の屋根にスズメの巣を取ろうと、梯子を寺から無断借用して本堂の屋根に登った。登り終えたら住職に見つかり、梯子を取られて下りるに下りられず、さんざん叱られ、屋根の上から泣きながらあやまった。やっと梯子をかけてもらい、地上に下りたとたんに鞄を背負い駆け出し、住職に悪口暴言を言うなんとも悪い子供でした。

 忘れ物をすると、必ず家まで取りに行かされた。往復6キロ、駆け足でも授業は終わってしまいます。手拭いを忘れても家までの往復です。(つづく)
 

都筑区版のコラム最新6

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る IRと横浜

「カジノなしでも人は来る」

1月23日号

学校改革がここまで求められる理由

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【1】

学校改革がここまで求められる理由

桐蔭学園理事長 溝上慎一

1月16日号

「京急ミュージアム」1月開業

MM21街区NEWS【18】

「京急ミュージアム」1月開業

MM移転の新本社内に

12月12日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く IRと横浜

制限型対策では不十分

11月21日号

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

IRと横浜

11月14日号

悲願Vへラストスパート

悲願Vへラストスパート

9日(土)、三ツ沢で札幌と激突

11月7日号

カジノは負の経済効果

〈連載【6】〉鳥畑与一教授に聞く

カジノは負の経済効果

11月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク