都筑区版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

大正末期〜昭和の北山田から 第34回 都筑区の歴史を紐解く 文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena
北山田の田園風景
北山田の田園風景

助教訓練【2】

 助教訓練を終えて帰る時、近所の農家へ預けて隠し持っていたお米で、飯ごう一杯の醤油飯を炊いて貰い帰路に着く。綱島駅を降り、徒歩で堤防を歩き、吉田橋まできたので、炊いてもらった飯にしようと、空腹なため土手に銃を投げ出した。三人で久しぶりに食べるお米のご飯を夢中で食べていると、「コラッ」と大声、誰かと振り返ると、校長が自転車を降りて髪をふるわしてカンカンになって怒っている。「しまった」、叉銃(さじゅう)してなかったのだ。

 銃は決して寝かせてはならぬと訓練されている。銃には菊の紋章がついているので、粗末にあつかってはならぬのだった。食べかけの飯ごうをしまい、堤防の上でさんざんお小言を頂戴し、やっと許され学校に帰り、教頭に報告、暗くなってから帰路につく。

 次の訓練日に学校に行ったら、同級生が、私たち助教訓練に行った者を除いて全員二等兵の襟章をつけていた。びっくりして聞いたところ、留守中、徴兵検査もしないまま、防衛召集令状がきて、都田小学校に入隊したとのこと。本土決戦に備え、戦闘要員として動員され、敵前上陸があった場合、非常呼集するまで自宅待機となり、即日除隊。それで学校にきたとのことであった。二十年四月、ずいぶんゆきづまったものだ。徴兵検査する間もなかったのだ。

 がしかし、困ったことがおこった。クラスを二つに分け、二小隊の編成になっていた。ところが助教訓練に行った者は、防衛召集が来なかったので、襟章がなく、学校では号令をかける立場だったのですが、悲しいかな誰も言うことをきかない。困った指導員が、学校では学校の規律を守れと説得、ようやく訓練が開始された思い出があります。襟章の権威はその後何かにつけ続いた。(つづく)
 

都筑区版のコラム最新6

学校改革がここまで求められる理由

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【1】

学校改革がここまで求められる理由

桐蔭学園理事長 溝上慎一

1月16日号

「京急ミュージアム」1月開業

MM21街区NEWS【18】

「京急ミュージアム」1月開業

MM移転の新本社内に

12月12日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く IRと横浜

制限型対策では不十分

11月21日号

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

IRと横浜

11月14日号

悲願Vへラストスパート

悲願Vへラストスパート

9日(土)、三ツ沢で札幌と激突

11月7日号

カジノは負の経済効果

〈連載【6】〉鳥畑与一教授に聞く

カジノは負の経済効果

11月7日号

公式キャラは「えむえむさん」

MM21街区NEWS【17】

公式キャラは「えむえむさん」

MM線開通15周年記念で

10月31日号

あっとほーむデスク

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク