都筑区版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【9】 求められる子どもの主体性(1) 桐蔭学園理事長 溝上慎一

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena

 コロナ禍を通してオンライン教育を含めたハイブリッドな学びが進む。この流れは、子どもにこれまで以上の主体的な学びを求めるものである。今回は(1)としてまずこれまでの流れを整理する。

 学校の学習活動の多くは、子どもの興味・関心に基づいて作られるものではなく、大人が子どもに与えるものである。子どもにとって「与えられる」枠組みの中で、自ら進んで課題に取り組む主体性が求められるところに学校教育のトリッキーな特徴がある。子どもは自らの興味や関心に基づいて教材や課題を選ぶことはできないが、与えられる教材や課題の中で、個人の興味や関心を見出すことが求められる。社会的な存在として生きていく子どもにとってこれは現実である。決して悪いことではない。

 近年「与えられる」枠組みの中での主体的な学びが加速して求められるようになっている。探究的な学習(総合的な学習の時間)は、その1つである。説明される知識を理解する、与えられる問題を解くということではなく、子ども自らが課題を主体的に発見・問題解決することが求められている。探究的な学習に取り組みたくないという選択肢は子どもにはない。新学習指導要領の主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)も同様である。教科学習の「与えられる」枠組みの中で、「書く」「話す」「発表する」といった子どもの主体的な活動が求められているのである。 ((2)へ続く)
 

都筑区版のコラム最新6

都筑区の歴史を紐解く

大正末期〜昭和の北山田から 第64回

都筑区の歴史を紐解く

文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

4月22日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第10回『子どもの近視はどうしたらよいですか?』

4月22日号

子どもの学びとウェルビーイング

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【14】

子どもの学びとウェルビーイング

桐蔭学園理事長 溝上慎一

4月22日号

都筑区の歴史を紐解く

大正末期〜昭和の北山田から 第63回

都筑区の歴史を紐解く

文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

4月1日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【1】

横浜とシュウマイと私 社会

「令和はシュウマイの時代」

3月25日号

都筑区の歴史を紐解く

大正末期〜昭和の北山田から 第62回

都筑区の歴史を紐解く

文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter