都筑区版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

大正末期〜昭和の北山田から 第52回 都筑区の歴史を紐解く 文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena
解体前の男全さん宅
解体前の男全さん宅

農業に暗雲【2】

 四十四年、日本住宅公団(現住宅・都市整備公団)に対し、土地の四割買収に応じました。

 北山田の農民は実直すぎて、財産の四割買収には未だ足りないと言われ、分筆しても四割買収に応じてしまった。強制ではないので協力した者が犠牲になってしまった。

 農家が土地を手放すことは考えられないことでしたが、このことを境に故郷の消滅が決定した。

 公団は「まじめに協力してくれた正直者には、馬鹿をみさせない」と言われたが、現実は何もなかった。自分の財産の処理だから、他人に合わせることはないのだが、連帯感が強い部落ゆえに、行動を共にした。このことは、噂は消えるが永遠に地権利者の魂の中に生きていくだろう。

 誰も非難することはない。自業自得の結果であり、街作りに協力した誇りだけは協力者のみの特権と思い、時効の中に消える。

ニュータウン

 町全域が造成地区に入っている北山田の土地四割買収から、生活は一変した。農業継続は絶望的になってしまった。土地不動産屋がお土産持参で農家を訪れ、宇都宮、富士の裾野、伊豆方面と県外に土地の取得を勧めていった。

 公団は、農家の移転は民間造成のように極力避けて計画すると言われたが、事業計画が公表されてみると、四角四面に線を引き、ほとんどの農家は移転になってしまった。

 果たして何百年住みなれた農家が、墓地を発掘し、母屋を壊して移転してくれるか、信じられなかった。特にお年を召した方が、先祖の遺産を大事にしておられるので、心配でした。

都筑区版のコラム最新6

都筑区の歴史を紐解く

大正末期〜昭和の北山田から 第64回

都筑区の歴史を紐解く

文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

4月22日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第10回『子どもの近視はどうしたらよいですか?』

4月22日号

子どもの学びとウェルビーイング

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【14】

子どもの学びとウェルビーイング

桐蔭学園理事長 溝上慎一

4月22日号

都筑区の歴史を紐解く

大正末期〜昭和の北山田から 第63回

都筑区の歴史を紐解く

文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

4月1日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【1】

横浜とシュウマイと私 社会

「令和はシュウマイの時代」

3月25日号

都筑区の歴史を紐解く

大正末期〜昭和の北山田から 第62回

都筑区の歴史を紐解く

文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter