都筑区版 掲載号:2022年7月28日号 エリアトップへ

専門医が分かりやすく解説 目のお悩みQ&A 『白内障の手術の後の眼鏡はどうしたらよいですか?』

掲載号:2022年7月28日号

  • LINE
  • hatena

 白内障の手術では濁った水晶体を取り除き、新たに人工の眼内レンズを眼の中に入れます。この手術を受けると、手術の前とは眼の状態が変わることになります。眼内レンズには度数がついていますので、術前に近視や遠視、乱視が強い場合は適切に眼内レンズを選ぶことで、術後に見やすい状態を作ることも可能です。手術の前よりも見やすくなるということは、屈折を変えるということで、それまで使っていた眼鏡は合わなくなります。屈折があまり変わらない場合は、前の眼鏡がある程度合い、そのまま使える方もいますが、通常は手術の後に眼鏡を作り直すことが必要です。

 眼鏡を作るタイミングは、眼の状態が落ち着いてからの方が何度もレンズを替えなくて済むため、術後1〜2カ月の頃が望ましいです。ただ、この時期まで待たないと眼鏡を作れないという訳ではありません。元々、近視や遠視、乱視が強かった方で、眼鏡がかなり合わない不便さを感じるなら、仮にでも早めに作ったらよいかと思います。特に近方合わせにした場合は、基本的に眼鏡をかけて生活するようになりますので、早めに眼鏡を作る必要があると思います。多焦点レンズの場合、慣れるためには裸眼で見なければと考える方もいますが、見え方に困るのであれば、必要に応じて眼鏡を使った方が眼にとっては負担が少なくよいかと思います。

■たまプラーザやまぐち眼科/青葉区新石川3の14の14/【電話】045・913・0333/【URL】https://tamaplaza-eyeclinic.com

都筑区版のコラム最新6

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

『白内障の手術の後の眼鏡はどうしたらよいですか?』

7月28日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

6月30日号

学校から見た運動部の地域移行

コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

学校から見た運動部の地域移行

桐蔭学園理事長 溝上慎一

6月23日号

今から始める相続の準備

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

第23回『眼に注射をする治療が必要と言われて心配です』

5月26日号

生活者起点のパークがオープン

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【20】

生活者起点のパークがオープン

桐蔭学園理事長 溝上慎一

4月28日号

起業支援施設まちなかビズつづき

住所貸し・フリーデスク・勉強会など、地域とつながるビジネスの拠点に!

https://tsuzuki.machibiz.net/

都筑区青少年指導員連絡協議会

青少年の自主活動と育成活動を推進し地域ぐるみの青少年健全育成を図ります

https://www.city.yokohama.lg.jp/tsuzuki/kurashi/kyodo_manabi/manabi/seishonen/seisi.html

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook