神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
都筑区版 公開:2023年6月15日 エリアトップへ

都筑をオレンジ色に 認知症啓発団体が種を配布

社会

公開:2023年6月15日

  • X
  • LINE
  • hatena
代表の横尾さん
代表の横尾さん

 認知症啓発のシンボルカラーのオレンジ色の花で都筑のまちを染め、社会全体で支える雰囲気を醸成したい――そんな思いを共有した有志が立ち上げた「オレンジオーレ」。9月の「世界アルツハイマー月間」に向け、マリーゴールドの種を配布している。

 まちをオレンジ色の花で彩るこの活動は、「オレンジガーデニングプロジェクト」と呼ばれ2020年に新潟県長岡市から始まった。「認知症になっても暮らしやすいまちをみんなで創っていこう」という趣旨に各地の団体が賛同し、全国的な活動に広がっている。

 オレンジオーレは、この活動に共感した認知症サポーターを養成する区内の認知症キャラバン・メイトの有志が集まり、今年1月から本格始動した。コアメンバーは9人で、その職業は在宅看護師やグループホームの施設長、町内会長など様々だ。代表を務める横尾佳子さんは、行政書士で成年後見人としても活動する。「自分もいつか当事者になるかもしれない。そうなっても、身近な人とのつながりを失わず生活できる、思いやりにあふれた地域をつくるきっかけになれば」と話す。

 今年は本格的にこの活動を広げようと、区内6つのグループホームの協力を得て、マリーゴールドの種が入った袋を約300用意。利用者が一つひとつ袋につめたほか、印刷されたマリーゴールドの絵に色を塗った。

 この種を賛同者に配布するほか、9月には苗も配布する予定だ。「認知症啓発の活動は介護医療従事者が多いが、もっと一般の人にも広げていきたい。オレンジの花を植えたり、種をまき、楽しく活動いただける個人・団体を募集中です」と横尾さん。興味がある方は横尾さん(【電話】045・515・1810/【メール】camel445791@gmail.com)に連絡を。

グループホーム利用者も袋詰めに協力
グループホーム利用者も袋詰めに協力

都筑区版のトップニュース最新6

南山田の伝統行事、今年も

南山田の伝統行事、今年も

7月20日「虫送り」

7月18日

横浜192チームの頂点に

川和シャークス

横浜192チームの頂点に

学童野球 5年ぶり2度目 

7月18日

「踊ることで誰かの力に」

ダンス&パフォTSU・ZU・KI

「踊ることで誰かの力に」

「3.11」から続く支援公演

7月11日

コロナ前水準に回復

横浜市観光客数

コロナ前水準に回復

前年2割増の3600万人

7月11日

個室授乳室を駅に寄贈

小児科医望月さん

個室授乳室を駅に寄贈

市営地下鉄で初導入

7月4日

県初Vで2年連続全国

港北ブレイズ

県初Vで2年連続全国

全日本小学生男子バレー

7月4日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月11日0:00更新

  • 7月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook