神奈川区版 掲載号:2015年7月9日号 エリアトップへ

土砂災害避難勧告 市、発令対象区域見直し 地質調査踏まえ52に絞る

社会

掲載号:2015年7月9日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は土砂災害警戒情報をもとに避難勧告を発令する市内対象区域の見直し作業を行いこのほど結果を発表した。地質専門家の調査などを踏まえ、これまでの133から52に絞り込み、従前より精度は上がった形だ。ただ、緊急時、実際に住民が迅速に避難できるのかなどの課題も残り、行政側の啓発活動が一層重要となりそうだ。

 市は、死者2人を出した昨年10月の台風18号の直後地形図面を資料に、甚大な被害が発生する恐れがある崖地を緊急的に202カ所選定。同年11月末までに当該崖地に対し、人家の有無などを市職員が目視による現場調査を行い、結果133カ所に見直しをしていた。

 今回、梅雨・台風シーズンを前にさらに精度を上げようと、地質専門家の調査に加え、崖崩れが起こった場合、人家に人的被害を及ぼす恐れがある崖地との想定をし、133を24、県指定の土砂災害警戒区域内に存在する崖地約9800のうち、実際の発生率が高い、西・南・磯子各区に係る約1400カ所の中から29、計52カ所を抽出。西区と隣接する神奈川区内からも1カ所が抽出された。市は今後2017年度までに全区の更新作業を行う予定だ。

情報伝達など課題も

 今回の絞り込みにより、注意が必要な崖地は浮かび上がったが、実際に避難勧告が発令された際、避難ルート、夜間時の対応方法など、住民が適切な対応が取れるようにするには、なお、整備すべき課題も多い。

 内閣府災害ボランティア活動検討会委員で、国際救急法研究所の宇田川規夫理事長によると、09年に兵庫県佐用町で用水路があふれ、夜間避難した住民が流され、死者18人、行方不明者2人を出した水害は、12人が避難行動中に命を落としたと予想されている。宇田川理事長は「住民の半数は警報を聞いておらず、夜間のため自宅に留まった人も。行政の情報を参考に自身で避難のタイミングを計る必要もある」と語る。

 市は、土砂災害発生ハザードマップの全戸配布などを通して啓発活動に力を入れている。「52カ所以外は安全ということではない。気象状況により避難勧告を出すので、情報に留意してほしい」と話す。

神奈川区版のトップニュース最新6

新子安交番廃止へ

新子安交番廃止へ 社会

県警整備計画で2021年度末

3月4日号

市、商店街の発行支援へ

プレミアム付商品券

市、商店街の発行支援へ 経済

助成金で消費喚起図る

3月4日号

逆境乗り越え笑顔の金

チアクラブLIPS

逆境乗り越え笑顔の金 スポーツ

全国大会で初の快挙

2月25日号

児童虐待対策へ支援拠点

横浜市

児童虐待対策へ支援拠点 社会

神奈川区など10区に来年度

2月25日号

集団か個別 選択・予約へ

【Web限定記事】横浜市ワクチン接種

集団か個別 選択・予約へ 社会

各区の会場を発表

2月18日号

商店主がプロの技伝授―横浜市神奈川区でまちゼミ

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:27更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク