神奈川区版 掲載号:2015年12月17日号 エリアトップへ

神奈川工業建設科9人 課題研究で神社修理 地域貢献の一環として

教育

掲載号:2015年12月17日号

  • LINE
  • hatena
完成した日枝神社(上)と「伝統建築班」のメンバー
完成した日枝神社(上)と「伝統建築班」のメンバー

 県立神奈川工業高校建設科の3年生9人がこのほど、伝統建築の課題研究として取り組んでいた日枝神社=栗田谷20の1=の修理作業を終えた。同校の卒業生が副会長を務める栗田谷南自治会(石川清美会長)からの相談を受け、地域貢献活動の一環として実施したものだ。

 同校建設科の3年生は、グループに分かれ各課題について研究する授業を取り入れている。日枝神社の修理は、同校のOB会役員が副会長を務める栗田谷南自治会から相談されたことがきっかけ。学校側は神社の修理が研究テーマになると判断し、地域貢献の一環として活動に踏み切った。

「半端な仕事できない」

 さっそく「伝統建築班」の9人は、6月から作業を開始。現地調査を行ったメンバーの一人、百岳海舟さんは「地域の人に愛されている神社なので、半端な仕事はできないと思った」と当時を振り返る。9人を指導した大西堅司教諭は「神社修理を通じて社会性を育んでほしい」と作業を見守った。

 生徒たちは、県建築安全協会や県建設労働組合連合会の会員らに、修理に関わる法律や施工方法などのアドバイスを受けながら、腐敗部分の解体から図面描き、加工、組み立てに至るまでの作業を手掛けた。杉本光希さんは「破風板は触れるだけで崩れてしまうほど風化していた。現寸図を描くのに苦労したが、以前より良いものを作ろうと心がけた」と胸を張る。

発表会で報告

 修理された日枝神社は、地域で長く愛されているという。完成の報告を聞いた石川会長は「生徒たちのおかげでとてもきれいになった。自分たちで修理するには手間も予算もかかるので、有難いことです」と感謝していた。

 同校では来月、課題研究の発表会がある。横山喜久さんは「神社の修理は本来、宮大工の仕事。貴重な体験ができて達成感がある」と9人の感想を代弁した。

神奈川区版のトップニュース最新6

児童に学びの場提供

ふれあいっこ三ツ沢

児童に学びの場提供 教育

子ども食堂休止で代替活動

5月13日号

神奈川から学生の頂点へ

ベストオブミス

神奈川から学生の頂点へ 社会

区内の保川さん、県代表に

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

入江にサテライト開設

区地域子育て支援拠点かなーちえ

入江にサテライト開設 社会

未就学親子に無料開放

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

5月7日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

六角橋から5Km歩こう

六角橋から5Km歩こう

11日と25日 参加無料

5月11日~6月22日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter