神奈川区版 掲載号:2016年9月15日号 エリアトップへ

途上国研修員、車技術学ぶ JICA横浜の地域交流事業

文化

掲載号:2016年9月15日号

  • LINE
  • hatena
福祉車両に試乗する参加者
福祉車両に試乗する参加者

 日本の車技術を学ぼうと、独立行政法人国際協力機構横浜国際センター(JICA横浜)の海外研修員19人が9月10日、神奈川トヨタ=本社・栄町=を訪れた。横浜YMCAが委託を受けて実施する地域交流事業の一環。参加者はショールームや工場を見学し、燃料電池自動車などの最先端技術に触れた。

 JICA横浜は、日本が有する知識や技術を開発途上国の発展に役立てるため、年間約80カ国・約700人の研修員を受け入れ、各専門分野の研修を実施している。

 この課外プログラムは2015年4月から、同センターの地域交流事業を担当する横浜YMCAが企画。同社は、研修員に日本への親しみを感じてもらい、地域に国際協力への関心を高めてもらう「相互交流」を推進している。これまで相撲や茶道などのプログラムを実施しており、今回は要望の多かった車業界の見学先として、神奈川トヨタに協力を得た。

国造り担う19人

 参加したのは、アフリカや中南米、アジアの国々から来た19人。大学院に通うなど、いずれも国造りの中心となる行政官や技術者、研究者たちだ。

 参加者たちは同社社員によるレクチャー後、ショールームやサービス工場を見学。福祉車両や燃料電池自動車といった最先端技術に触れた。

 レソト王国出身の研修員は「先進技術に触れることができて良かった。ここまで技術が進んでいることに感銘を受けた」。ケニア出身の研修員は「屋内の工場が清潔で感心した」と話していた。

神奈川区版のトップニュース最新6

和裁一筋 名工の風格

和裁一筋 名工の風格 文化

鈴木勲吾さん 卓越技能者に

12月3日号

半世紀の歴史に感謝

半世紀の歴史に感謝 社会

来春閉校 菅田小で式典

12月3日号

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

11月26日号

「偽造」見抜き逮捕貢献

横浜銀行大口支店職員

「偽造」見抜き逮捕貢献 社会

免許証「光の反射に違和感」

11月26日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

大賞に精華小の大澤さん

鎌倉文学館こども文学賞

大賞に精華小の大澤さん 文化

夏の思い出、独創的な詩に

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク