神奈川区版 掲載号:2017年2月9日号 エリアトップへ

 原発避難生徒いじめ問題で緊急申し入れ 市政報告 金銭授受を「いじめ」と認めよ 日本共産党横浜市会議員団 宇佐美さやか

掲載号:2017年2月9日号

  • LINE
  • hatena

 日本共産党横浜市議団は、1月31日に再び、原発避難生徒いじめ問題について、被害生徒に寄り添い、一刻も早い解決を図るための緊急の申し入れを林文子市長宛てに行いました。

「いじめと認定できない」教育長発言

 被害生徒がら「またいじめが始まると思って、何もできずにただ恐くて仕方なくて、いじめが起こらないようにお金をだした」「お金を取られたことをいじめと認めてほしい」と市長宛に手紙が提出されました。金銭授受は150万に上ると主張しています。にもかかわず、岡田教育長は、「同級生らの話などから、金品の授受についていじめという結論を導くのは難しい」などと発言。この発言は、いじめの要因があったとする第三者委員会の答申を無視するもので、生徒側から撤回を求められ、多くの市民の怒りを買っています。

自ら動かない市長

 林文子市長は1月25日の定例記者会見で「(教育長の発言は)言葉が足りなかった」と謝罪したものの「再発防止策などを検討する委員会の議論を見守ったうえで、対応する考えを改めて示す」と述べました。これでは、被害生徒のいじめによる苦痛の訴えを無視していることになり、事態は何も解決しません。いじめ防止対策推進法には、いじめは、児童・生徒の間で起きていて、その行為の「対象となった児童等が心身の苦痛を感じているもの」と定義しています。

解決に必要な市長の決断

 法の定義に照らして、市長は、以下の内容で事態打開を図るべきです。

 【1】金銭授受をただちにいじめと認め、その手続きとして、条例によって市長部局に設置されている横浜市いじめ問題調査委員会に諮問し、いじめ認定の判断を仰ぐこと。

 【2】教育委員会のもとに置かれた再発防止検討委員会を市長主導で改組し、答申を出した横浜市いじめ問題専門委員会及び横浜市いじめ問題調査委員会のメンバーを加えること。

 【3】改組した再発防止検討委員会は、金銭授受をいじめと認定したうえで検証と再発防止策を検討すること。

申し入れ内容を記者会見する党市議団=1月31日、横浜市庁舎内
申し入れ内容を記者会見する党市議団=1月31日、横浜市庁舎内

宇佐美さやか

神奈川区西神奈川3-2-17

TEL:045-491-6843

http://www.usami-sayaka.jp/

神奈川区版の意見広告・議会報告最新6

地域をつなぐ、新時代の商店会

特別対談

地域をつなぐ、新時代の商店会

 自民党横浜市会議員 ふじしろ哲夫

4月15日号

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

子ども達の、子ども達のために私たちができること

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

4月1日号

未来へ向けた新たなまちづくりを推進

新型コロナ感染症には迅速で的確な対応を 県政報告

未来へ向けた新たなまちづくりを推進

神奈川県議会議員 梅沢 裕之

3月25日号

市民の声を議会へ

市政報告

市民の声を議会へ

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

3月25日号

2021年、県政の2大論点!

県政報告

2021年、県政の2大論点!

立憲民主党 県議会議員 中村たけと

1月7日号

希望の持てる年に

市政報告

希望の持てる年に

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

六角橋から5Km歩こう

六角橋から5Km歩こう

11日と25日 参加無料

5月11日~6月22日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter