神奈川区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

市政報告 大空襲72年経っても… 日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena

 1945年5月29日、アメリカ軍による横浜中心地域に対して行われた爆撃により、東神奈川駅周辺も火の海と化しました。

 「東京からも、東神奈川駅が燃え、切符が廃となり空に舞い上がるのを見た」と、区内に住む男性から聞かせていただいたことがあります。横浜大空襲の日のことです。

 この横浜大空襲によって被災者31万人以上。行方不明者14157人、このうち8千人〜1万人の犠牲者が出たと資料にあります。つまり、6千人以上の方が空襲の業火で行方がわからなくなったままだそうです。

三ツ沢墓地には、名前もわからない犠牲者が眠っているということを聞きました。

記録を残すこと

 反町に住む女性は、現在89歳。「今でもあの時のことは覚えている。青木橋に居た。空襲警報が鳴り、10分もしないうちに爆撃が始まり、市電に乗っていた車掌も運転手もいつの間にか居なかった。『早く逃げなさい!』と怒鳴られて、横浜駅の西口に逃げようか東口に逃げようか考えて、必死で走って逃げた」と当時のことを話してくれました。

 2016年11月30日、子安小学校の移転・新築場所となっている現場で地下埋設物の調査をしていた際、地中から焼夷弾2発が発見されました。71年経っても、地下を掘ると、まだ戦争の爪痕を見ることができます。残念ながら、この焼夷弾は、産業廃棄物として処理されました。

 私は、戦争体験者のみなさんの体験談や戦争の爪痕をしっかり記録として残し、後世に伝えていくことも横浜市として必要であると考えます。横浜の子どもたちに、この悲しい出来事を直接聞ける機会をたくさん作ってほしいと市に要望していきたいと考えています。

宇佐美さやか

神奈川区西神奈川3-2-17

TEL:045-491-6843

http://www.usami-sayaka.jp/

神奈川区版の意見広告・議会報告最新6

2021年、県政の2大論点!

県政報告

2021年、県政の2大論点!

立憲民主党 県議会議員 中村たけと

1月7日号

コロナ危機から県民の命と暮らし、地域経済を守る

県政報告

コロナ危機から県民の命と暮らし、地域経済を守る

日本共産党神奈川県議会議員 上野たつや

1月1日号

感染拡大防止の取り組みを進めます

市会レポート

感染拡大防止の取り組みを進めます

自民党横浜市会議員 ふじしろ哲夫

1月1日号

コロナ禍でこそ 安心社会を下支え

市政報告

コロナ禍でこそ 安心社会を下支え

横浜市会議員 竹内やすひろ

1月1日号

希望の持てる年に

市政報告

希望の持てる年に

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

1月1日号

横浜市における GIGAスクールの取組

市会レポート

横浜市における GIGAスクールの取組

自民党横浜市会議員 ふじしろ哲夫

10月29日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク