神奈川区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

県政報告 コロナ危機から県民の命と暮らし、地域経済を守る 日本共産党神奈川県議会議員 上野たつや

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 昨年は、新型コロナウイルス感染症が拡大する中で、広域自治体として県の役割が大いに求められる年だったと感じています。

 感染爆発を抑えるために、無症状の感染者を発見し、保護するためにPCR検査を抜本的に拡充すること。医療崩壊を防ぐため、医療機関への減収補てん。地域経済を支えるための直接的な支援。また、保育や介護、障害福祉をはじめとする人との接触を避けることができない、福祉職場を支えるための支援など、共産党県議団として、9回にわたって要望書を県に提出しました。

 その結果、PCR検査対象の拡大、医療従事者への支援や、休業協力金の対象範囲の拡大など様々な分野で県民のみなさんの切実な要求を実現することができました。

 今後も、更に自粛と補償をセットにした施策の拡充が必要です。

地域医療を守るために

 一方、病院の医療体制は、非常に厳しい状況にあります。そもそも、感染症患者を入院させる感染症指定医療機関があるのは、県内ではたった8か所(74床)であり、その全てが公立・公的病院です。また、救急、産科、小児科など、民間病院では担えない不採算医療を担っており、私たちの命を守る重要な役割を果たしています。

 しかし国は、地域医療構想のもとで、人口減少や赤字経営を理由に進めてきた病床数や診療科目などの再編統合をコロナ禍においても行うとしています。この件は昨年の一般質問において、公立・公的病院を守り感染症専門病床の拡充が必要だと求めたところです。

希望の持てる社会の実現を

 昨年4月、緊急事態宣言が発令された中で、地域経済を支え、社会を維持していくためには、保育や介護などをはじめとする福祉職場がいかに重要な役割を担っていたかが明らかになりました。

 社会を支えるケア労働者への抜本的な環境改善と共に、コロナ後の社会を見据え、安心して働き暮らすことができる社会を実現するために、引き続き宇佐美さやか市会議員と共に全力を尽くしていきたいと思います。

上野 達也

横浜市神奈川区西神奈川3-2-17

TEL:045-491-6843

https://www.uenotatsuya.com/

神奈川区版の意見広告・議会報告最新6

地域をつなぐ、新時代の商店会

特別対談

地域をつなぐ、新時代の商店会

 自民党横浜市会議員 ふじしろ哲夫

4月15日号

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

子ども達の、子ども達のために私たちができること

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

4月1日号

未来へ向けた新たなまちづくりを推進

新型コロナ感染症には迅速で的確な対応を 県政報告

未来へ向けた新たなまちづくりを推進

神奈川県議会議員 梅沢 裕之

3月25日号

市民の声を議会へ

市政報告

市民の声を議会へ

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

3月25日号

2021年、県政の2大論点!

県政報告

2021年、県政の2大論点!

立憲民主党 県議会議員 中村たけと

1月7日号

希望の持てる年に

市政報告

希望の持てる年に

日本共産党横浜市会議員 宇佐美さやか

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

保土ケ谷で大会

全日本プロレス

保土ケ谷で大会

4月28日~4月28日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter