宮前区版 掲載号:2012年1月20日号

兄弟でBMXの頂点へ スポーツ

菅生在住の菊池哲太朗さん・雄さん

良きライバルの2人。「刺激になるし、勉強にもなる」と兄、哲太朗さん。左・菊池哲太朗さん、右・雄さん
良きライバルの2人。「刺激になるし、勉強にもなる」と兄、哲太朗さん。左・菊池哲太朗さん、右・雄さん

 競技用自転車BMX(バイシクルモトクロス)のタイムを競うレース部門で世界選手権出場を目指す兄弟が区内菅生にいる。菊池哲太朗さん(27歳)と雄さん(21歳)だ。今年4月には世界選手権への切符をかけた全日本大会に出場する。

 国内のBMXのレース競技人口は約1000人。世界レベルの大会に出れる選手は20人程度。そんな狭き門に長年にわたって挑戦してきた。

 哲太郎さんがBMXに出会ったのは幼少のころ。レースを観戦し、選手のカッコ良さに惚れ「見よう見真似で始めた」。以後、様々な大会に出場するようになり、現在はプロとして活躍する傍らインストラクターとして後進の育成にも励んでいる。「タイムを競いつつも、観客を魅了する走りができるレースは本当に奥が深い。もっと多くの人に知ってもらえたら」と話す。

 その兄の背中を追いかけて4歳の時にBMXを始めたのが弟の雄さんだ。「兄は良きライバル。2人で一緒に世界に挑みたい」。雄さんは世界選手権の先にあるオリンピック出場も目指している。2016年のリオ・オリンピックを競技人生のピークと捉え、技を磨くために渡米も考えている。「勝てたときの喜びは他にはない。やるからには頂点を目指し続ける」と決意を新たにした。
 

宮前区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク