宮前区版 掲載号:2018年11月30日号
  • LINE
  • hatena

市民アンケート 来春の市議選「知らない」8割

政治

 川崎市による市民意識調査「市民アンケート」の結果が今月発表された。

今回のテーマは「選挙」など。2019年春実施予定の市議会議員選挙等について「知らなかった」という回答が8割を超え、認知度不足が浮き彫りになった。

 一方「投票に行くつもり」の回答は全体で6割だったが、年代別でみると18〜29歳は41・2%、70〜79歳は83・8%と大きく差が開いた。

 市選挙課は「4年前に行われた同様のアンケートでも、似たような結果で変わっていない」と危機感を募らせる。

 選挙啓発についての設問では、タレントやマスコットなどイメージキャラクター起用について8項目を用意したところ、「起用するのが良い」という意向は平均で23・7%にとどまった。「起用するのが良いとは思わない」との意向は33・6%で、周知の難しさを示す結果になった。

 調査は市内在住の18歳以上を対象に8月31日から9月10日、インターネットモニター登録者から1500件の有効回答を集めた。

宮前区版のローカルニュース最新6件

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 10月26日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

教会で癒しのひと時を

教会で癒しのひと時を

23日、クリスマスコンサート

12月23日~12月23日

宮前区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク