神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2020年4月3日 エリアトップへ

川崎産唐辛子 「香辛子(こうがらし)」がオイルに 相模原の企業が開発

経済

公開:2020年4月3日

  • X
  • LINE
  • hatena
香力と香辛子のパンフレット(左から)
香力と香辛子のパンフレット(左から)

 川崎生まれの新種の唐辛子「香辛子」を使ったオリーブオイル「香力(かりき)」がこのほど、合同会社わざあり(相模原市南区・石井正一代表)から発売された。

 香辛子は、味の素(川崎区)が開発した辛味が少なく、柑橘系のフルーティーな香りが特長の唐辛子。香力はその香りと香辛子に含まれる燃焼効果を持つ栄養素をオリーブオイルに配合した。

 昨年8月に市が主催した香辛子を通じた企業マッチング会に、同社が参加していたことをきっかけに、翌月から開発が始まった。香力には同社のニンニクから栄養成分を抽出する独自技術が生かされている。

 同社の石井代表は「香辛子は水分が多いため分離しやすく商品化に苦戦したが、いい商品ができあがった」と語る。

 市外企業が香辛子の加工食品を開発するのは初めて。香力は今後、美遊JAPAN(川崎区)、アポルテフードファクトリー(高津区)、ホテル精養軒(中原区)で提供するメニューに活用される。市の担当者は「今後、市民の方々と香力の使い方やレシピを考える会を開催できれば」と話す。

 1本1900円(税込)。川崎市産業振興会館2階のまんまmiyu(幸区堀川町)、ネット販売で購入できる。

 市は昨年8月から味の素、セレサ川崎農業協同組合と香辛子の普及活動を進めており、今まで市内15軒の飲食店、食品加工業で活用されている。

サマーセール開催中!

店内「宝飾品」「腕時計・目覚まし時計」20%オフ!

044-833-1573

<PR>

宮前区版のローカルニュース最新6

スポセンで水遊び

スポセンで水遊び

7月27日に無料開放

7月13日

「路地の記憶」展始まる

若者文化の歴史たどる

「路地の記憶」展始まる

ネットミュージアムで

7月12日

「ネット規制の法律を」

ヘイト禁止条例全面施行4年

「ネット規制の法律を」

市民団体が会見

7月12日

一部施設で配食を試行

「わくわくプラザ」

一部施設で配食を試行

配送費は事業者が負担

7月12日

「居場所のまなび」刊行

フリースペースたまりば

「居場所のまなび」刊行

7月12日

児童に芋掘り体験を

川崎富士見LC

児童に芋掘り体験を

川崎愛児園を招待

7月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook