宮前区版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

取って食べよう。そらとぶとまと 矢澤水耕農園

文化

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena
収穫をする優槻くん
収穫をする優槻くん

 第2回目に紹介する農園は、初山でトマトの栽培を行う矢澤水耕農園さん。

 同園では、土を使わず水と液体肥料で育てる水耕栽培を行う。土で育てる方法が主流だった50年前に、いち早く水耕栽培を始めた。空に向かってトマトが伸びていく様子を「そらとぶとまと」と表現し、同園のコンセプトになっている。

 年に数回不定期で行われる、「そらとま農園ツアー」では、ハウス内で栽培方法を聞いて、収穫体験ができる。来場には農園ウェブページで予約が必要。親子3人で2000円。人数追加も可能。収穫したトマトを持ち帰ることができる。

 3日のツアーには約15人が参加。トマトの収穫を楽しんだ。都内から参加した渡辺優槻くんは「大好きなトマトが取れて楽しかった」と喜んでいた。

 園主の矢澤舜さんは「50年の歴史あるトマトを思いを込めて作っています。来た人に体験農園を通して色んな経験をしてほしい」と語る。
 

多くの人がツアーを楽しんだ
多くの人がツアーを楽しんだ

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

宮前区版のローカルニュース最新6

果敢に挑戦 仲間と共に

果敢に挑戦 仲間と共に 社会

川崎宮前ロータリークラブ 村野正明 会長(57)

7月1日号

楽しみ、次代へつなぐ

楽しみ、次代へつなぐ 経済

川崎鷺沼ロータリークラブ 青木克眞 会長(74)

7月1日号

「真心」で一歩先へ

「真心」で一歩先へ 社会

川崎富士見ライオンズクラブ 目代健次 会長(69)

7月1日号

長崎被爆者と若者対談

長崎被爆者と若者対談 社会

7月23日、市民館で

7月1日号

新年度役員が決定

区内奉仕団体

新年度役員が決定 社会

7月から新体制

7月1日号

「3冠」 主将としてけん引

県高校総体バドミントン

「3冠」 主将としてけん引 スポーツ

宮前平中出身 佐藤さん

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook