神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2024年6月21日 エリアトップへ

南平台自治会 スマホから情報発信 公式LINE開始

社会

公開:2024年6月21日

  • X
  • LINE
  • hatena
飛躍祭のブルーインパルス飛行を伝える投稿
飛躍祭のブルーインパルス飛行を伝える投稿

 南平台自治会(齋藤延良会長)が自治会内の広報手段として6月から公式LINEを始めた。従来の広報紙と合わせ、行政のお知らせや自治会内の共有事項といった情報の発信を行っていく。

 新しく取り入れたのは、コミュニケーションアプリ「LINE」で、企業や店舗向けにリリースされている「公式アカウント」。同自治会専用のアカウントを取得し、

齋藤会長が管理者として週に1回ほど、川崎市や宮前区の情報、自治会内のできごとを、テキストと写真で投稿する。スマホユーザーはこのアカウントを「友だち」に追加することで、投稿を見ることができる。

 自治会としてはこれまで年6回広報紙を発行。「紙と並行し、自治会として日ごろの発信をダイレクトに、どこにいても見れるようにしたい」と齋藤会長は導入の目的を語る。5月にテストを開始し、6月から本格運用を開始。現在は30人弱が登録しているという。

担い手不足に舵を切る

 自治会内155世帯中、昨年は70歳以上が115人。高齢化が進んでいると同時に、自治会内の担い手不足も課題だ。「『何かやりたい、それいいね』となっても、『じゃあ誰がやるの?』となってしまう」。昨年4月に会長に就任し、LINEであれば取り入れやすいのではと、齋藤会長自ら舵を切った。

 投稿内容はスマホのメモに書き溜め、投稿時間を予約設定。「管理者を増やすとしても投稿のハードルは低いはず」と今後にも言及する。「高齢の方に案内しても『LINEはできない』と言われてしまうこともあるが、ちょっとした話題を提供し、皆さんに知らせることが大事だと思う」。当面の目標は登録者数を増やすことだ。

自作のチラシを手にする齋藤会長
自作のチラシを手にする齋藤会長

宮前区版のローカルニュース最新6

共産、擁立取り下げ

衆院19区

共産、擁立取り下げ

7月20日

新年度役員が決定

区内奉仕団体

新年度役員が決定

7月から新体制

7月19日

地元野菜 知る機会に

地元野菜 知る機会に

JA野川支店で直売会

7月19日

振袖で文化の継承を

セレモニア

振袖で文化の継承を

初の社外展示会

7月19日

理美容で途上国を支援

理美容で途上国を支援

6日 チャリティーカット

7月19日

PCとスマホ学ぶ

PCとスマホ学ぶ

シニア向け 参加者募集

7月19日

サマーセール開催中!

店内「宝飾品」「腕時計・目覚まし時計」20%オフ!

044-833-1573

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月19日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook