川崎区・幸区版 掲載号:2012年7月20日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市 ツイッターで魅力発信 各局区も運用検討

7月11日から「つぶやき」が始まった川崎市シティセールスのツイッターページ
7月11日から「つぶやき」が始まった川崎市シティセールスのツイッターページ

 川崎市シティセールス・広報室が、ソーシャルメディアの「ツイッター」を使った情報発信を今月11日から開始した。140文字以内の短文によってイベントや季節の情報をタイムリーに配信することで、イメージアップや集客に繋げたい考えだ。

 インターネット投稿サイトに140文字以内の短文を「つぶやく」ツイッターは、2006年に米国で誕生。08年には日本語版が始まり、新たなコミュニケーションツールとして浸透。一般市民はもちろん、芸能人や著名人など多くの人たちがつぶやいている。

 自治体でも行政情報の広報や地元PR、地域住民や全国の人々とのコミュニケーションを通じて魅力づくりに役立てている活用例も数多い。横浜市では昨年から導入し、市全体の広報ほか、各区や部局など幅広く活用している。

 川崎市では、昨年度末からツイッターをはじめとするソーシャルメディア導入の検討を開始。6月に職員向けのガイドラインとツイッターアカウント運用ルールを策定し、今月11日から市民こども局シティセールス・広報室が「kawasaki_pr」というアカウント名で「つぶやき」を始めた。16日午前には、この日午後都内で行われる都市対抗野球に出場する市代表(東芝野球部)の応援を呼びかけるなど、タイムリーな情報を投稿している。16日現在のフォロワーは147人。

 今後の活用について、同市では「まだ手探りの状態だが、様々な手法を用いて川崎の魅力を発信していきたい」と前向きな姿勢をみせている。
 

千葉移住計画 体験型バスツアー

3月4日昼食・お土産付き 予約制無料 問合せ☎045-534-0159 

https://withearth-kanagawa.co.jp/event-form/?post_id=75

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン30万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6件

条例制定に向け集会

反ヘイト市民団体

条例制定に向け集会

2月16日号

「空き家」判定に640軒

川崎市

「空き家」判定に640軒

2月16日号

子ども、経済活性に注力

川崎市予算案

子ども、経済活性に注力

2月9日号

市初、防災空地が完成

川崎区小田

市初、防災空地が完成

2月9日号

高校生 初の議員体験

川崎市議会

高校生 初の議員体験

2月2日号

電車でまぐろ、野菜販売

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン35万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク