神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2014年4月18日 エリアトップへ

多摩川にハマグリの姿 市民団体が調査

公開:2014年4月18日

  • LINE
  • hatena
採れたハマグリを手に乗せ、サイズを計る多摩川クラブのメンバー(右が中本さん/多摩川クラブ提供)
採れたハマグリを手に乗せ、サイズを計る多摩川クラブのメンバー(右が中本さん/多摩川クラブ提供)

 多摩川に「ハマグリが還って」きた。市民団体「多摩川クラブ」のメンバー8人が、3月31日に多摩川河口付近の干潟で生息調査を行ったところ、1時間に12個のハマグリが採れた。

 かつて多摩川にはハマグリが生息し、明治・大正時代にはアサリやアオヤギなどとあわせて貝捲き漁が盛んに行われていた。「ハマグリ鍋」が川崎の名物にもなるほどだったが、高度経済成長以降、工場排水や生活排水等で多摩川が汚染され、生物は姿を消した。東京湾ではハマグリが絶滅したとも言われていた。

 下水道の普及など、行政の取り組みにより徐々に水質が改善した多摩川には、数年前にはシジミの姿が見られるようになるなど、生物が再び生息するようになったという。同クラブがハマグリの調査を行う発端となったのは09年。メンバーで俳優の中本賢さんが同年、干潟でハマグリを偶然発見し、千葉県立中央博物館がハマグリと判定したことがきっかけだった。それ以来、メンバーは多摩川を訪れる度にハマグリの存在を確認し続けてきた。

 ハマグリを見守ってきた同クラブは、ここのところハマグリを採りに来る人が増えてきたことから、環境再生の観点を訴えたいと思い、存在を公表した。多摩川が辿ってきた過程を見続けてきた、同クラブメンバーの阿部英夫さんは「私が子どもの頃は『多摩川に手を入れたら腐る』とまで言われていた。当時、川崎は公害で苦しんだけれど、自分たちの街にこんなにもきれいになった場所があるという喜びを感じてもらえたら」と話す。同クラブとしては、環境再生の産物としてハマグリを残していきたいとし、採っても小さいものは放すなどの配慮を呼び掛けている。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

子ども食堂の運営ノウハウを学ぶオンライン講座

【Web限定記事】

子ども食堂の運営ノウハウを学ぶオンライン講座

神奈川県主催 令和6年3月6日 13:15〜14:30

2月28日

島津製作所を学ぶ

島津製作所を学ぶ

3月14日 施設見学と講演

2月26日

神奈川県、LINEアプリで子育て支援

【Web限定記事】

神奈川県、LINEアプリで子育て支援

子どもの成長、ニーズに合わせたタイムリーな情報を提供

2月24日

プロから学ぶカメラ講座

プロから学ぶカメラ講座

写真家・福間海氏が講師

2月24日

招待券プレゼント

大相撲川崎場所

招待券プレゼント

4月19日 とどろきアリーナ

2月23日

人生、まだまだこれから

人生、まだまだこれから

100年時代を生きるヒントを世界最高齢の男性サーファー 佐野さんに聞く

2月23日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook