川崎区・幸区版 掲載号:2014年12月12日号 エリアトップへ

鋼管通で「ブッツブツ交換」 12月13日、1日限定イベント

経済

掲載号:2014年12月12日号

  • LINE
  • hatena
イベント参加を呼びかける鋼管通商栄会に加盟する店主
イベント参加を呼びかける鋼管通商栄会に加盟する店主

 終戦直後、鋼管通りにあった物々交換店にヒントを得たイベント「ブッツブツ交換」が12月13日(土)に開かれる。主催する鋼管通商栄会(齋藤寿弘会長)は地域活性の第一歩にしたいと意気込む。

 田島支所周辺に位置する鋼管通商栄会は高度成長時代、日本鋼管のお膝元の商店街として栄えた。最盛期には60店が加盟していたが、今では27店舗まで減った。

 大型マンションの建設などで新住民が増える一方、客足は近隣の商業施設に奪われ、商店街では危機感を募らせていた。かつてのような活気を取り戻す第一歩としてイベントを企画した。地域住民とのコミュニケーションを図ることのできる内容にしようと意見を出し合う中、終戦直後、鋼管通に物々交換店があったエピソードが太陽不動産の青海和江さんから持ち上がった。「工場に向かう工員達が通勤途中に、様々なものを持ち込んでいた。ある工員が朝持ち込んだものが夕方には食用ガエルになっていた」。青海さんはそんなエピソードを披露した。

 「そもそも物々交換は商売の原点。交換の名前の響きは鋼管にも通じる」と齋藤会長。イベントを通じ、商店街に好ましい印象を与える「好感」、ともに打ち解ける「交歓」にまで発展したいという期待を込め、ブッツブツ交換と命名した。

 イベントは特命子ども地域アクタープロジェクトの小中学生の協力を得て実施する。

 自宅にあるベビーカー、ベビー服、本、おもちゃ、ゲームなどの生活雑貨を持ち込むと、小中学生が査定しポイントが与えられる。そのポイントで焼きサンマやつきたてのもちを味わえたり、気に入った持ち込み、他の商品との交換や商店街のセール商品に使用することもできる。持ち込めるのは商品のほか、昔の鋼管通り周辺の写真やエピソードもポイントにしてくれる。持ち込むものがなければ、当日短時間の手伝いで参加できる。「食料や高価なものなど取り扱えないものもあるのでお問い合わせください」と同商店街。

 商品の持ち込みは当日10時から。斎藤自転車店、太陽不動産、仙台屋の3店では事前受付も行っている。

 イベントは午前10時から午後3時。雨天決行。

 問い合わせは、仙台屋(【電話】044・366・7776)。
 

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

南北つなぐ「やさいバス」

南北つなぐ「やさいバス」 社会

地産地消めざし 運行開始

11月26日号

歴史刻む写真1千点

渡田山王町故所榮一さん

歴史刻む写真1千点 社会

妻・芙美子さん、区に寄贈

11月26日号

聖火トーチ、リレーで展示

川崎区内4郵便局

聖火トーチ、リレーで展示 文化

東京五輪の感動 地域へ

11月19日号

事故・詐欺防止へ連携

幸警察署

事故・詐欺防止へ連携 社会

第一生命、外郭2団体と協定

11月19日号

藤崎こ文に壁画

川中島中美術部

藤崎こ文に壁画 文化

住民の励まし受け完成

11月12日号

eスポーツのまち目指す

幸区

eスポーツのまち目指す スポーツ

区制50周年に大会開催も

11月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook