川崎区・幸区版 掲載号:2014年12月26日号 エリアトップへ

地場産業伝承し30年 殿町小の「ノリつけ」教室

掲載号:2014年12月26日号

  • LINE
  • hatena
石渡さん(右)の指導を受ける児童
石渡さん(右)の指導を受ける児童

 殿町小学校(榊山英昭校長)の児童に地域住民の有志が「ノリつけ」を教える体験授業が、今年で節目の30年目を迎えた。今年の授業は12月11日に同校敷地内で行われ、4年生の児童108人が参加した。

 同校のある大師地区は、明治期から昭和中期にかけてノリ養殖で栄えた地域。地場産業を伝承しようと、1985年に地域の有志が授業を始め、現在まで毎年開催している。

 第1回から指導を続ける石渡美由喜さん(73)は「せっかく郷土史を学ぶのだから、実際に体験してほしいと思ったのがきっかけだった。年月を思うと感慨深い」と30年間を振り返る。その上で「道具が壊れてなくならない限りは、授業を続けたい」と抱負を語った。

 同校OBで現在教育ボランティアとして同校を手伝う半谷(はんがい)拓也さん(20)は11年前にノリつけ教室に参加。「自分が教わったのと同じことを、今の子どもも体験しているのはすごい」と感慨深げに話していた。

 今回参加した4年生は、生ノリを細かく刻む作業や、型にノリを流し込む「ノリすき」を順番に体験。1人2枚を仕上げた。

 6枚の刃をつなげた器具「ツキボウチョウ」で生ノリを刻む作業に挑戦した伊藤達也君は「力加減が難しかったけど、楽しかった」と笑顔だった。
 

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

「農地を守れ」JAと協定

川崎市

「農地を守れ」JAと協定 社会

税優遇制度周知へ

5月14日号

2カ所増設で4施設に

認知症疾患医療センター

2カ所増設で4施設に 社会

早期発見、治療へ体制拡充

5月14日号

2年遅れ、事業費59億増

京急大師線立体交差

2年遅れ、事業費59億増 社会

地盤強度不足、追加工事で

5月7日号

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

万年筆絵 描き続け10年

幸区在住小林さん

万年筆絵 描き続け10年 社会

A6ノートに1200点

4月30日号

福祉プラザに活動拠点

幸区保護司会

福祉プラザに活動拠点 社会

面談や情報共有の場に

4月23日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter