川崎区・幸区版 掲載号:2015年5月29日号 エリアトップへ

市動物愛護センター 犬の殺処分 2年連続ゼロ ボランティアらも貢献

社会

掲載号:2015年5月29日号

  • LINE
  • hatena
センター職員と預かっている犬(4月28日撮影)
センター職員と預かっている犬(4月28日撮影)

 川崎市動物愛護センター(高津区蟹ヶ谷)は2013年度に続き2014年度も、収容した犬の殺処分ゼロを達成した。同センターの角洋之所長は「職員だけでなく、引き取り手探しなどに協力していただいたボランティアの方々のおかげ」と話している。

 川崎市動物愛護センターは1974年の設立後、初めて2013年度に犬の殺処分がゼロになった。14年度は前年より20匹多い141匹の犬を収容したが、2年連続での殺処分ゼロを達成した。

 角所長によると、達成は職員をはじめ、同センターに登録している市内外約30の動物愛護団体、個人ボランティア41人の努力があったから。引き取り手探しだけでなく、犬を手放そうと引き取り相談に来た飼い主に、適切な飼い方や最後まで責任を持って飼う「終生飼養」を伝える指導などにも尽力。74匹に新たな引き取り手が見つかり、67匹が飼い主の元へ戻った。

猫も大幅減

 猫の殺処分数は収容した計437匹のうち12匹。前年度の54匹から大幅に減少した。ただ昨年度、県動物保護センター(平塚市)では収容した犬508匹、猫595匹の両方で殺処分ゼロを達成している。角所長は殺処分数の減少につなげるため、収容数を減らそうと「市でも猫の避妊・去勢手術をさらに広め、人が適正に猫を管理する啓発に力を入れたい」と語った。

 問い合わせは市動物愛護センター(【電話】044・766・2237)へ。

引き取られた生後数日の子猫
引き取られた生後数日の子猫

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

「子ども山車、譲ります」

旭町一丁目町内会

「子ども山車、譲ります」 文化

引手減り、保管も困難

10月22日号

アボカドで「市民一体に」

川崎F

アボカドで「市民一体に」 スポーツ

売り上げ一部 等々力整備に

10月22日号

LGBTQ、ダンスで表現

JDS出身ダンサー

LGBTQ、ダンスで表現 社会

「差別ない世界願う」

10月15日号

川崎区、フロンターレと協定

川崎区、フロンターレと協定 社会

まちづくりで連携

10月15日号

「消毒駅のご利用を」

尻手駅

「消毒駅のご利用を」 社会

若手職員が看板制作

10月8日号

地域連携で模擬患者養成

看護短大

地域連携で模擬患者養成 社会

リアルな授業を期待

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook