川崎区・幸区版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

公共施設で太陽光発電へ 市民団体らが力を結集

社会

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena
設立総会を終えた協議会の会員
設立総会を終えた協議会の会員

 川崎市内で太陽光発電の市民共同発電所設置に取り組む団体らが1月21日、市内の再生可能エネルギーの推進を強化しようと「川崎地域エネルギー市民協議会」(竹井斎会長)を設立した。公共施設に太陽光発電装置を設置するための仕組み作りの検討や行政へ提案などを行っていく。

 市内では、地球温暖化防止や3・11以降、市民の「脱原発」の高まりを背景に、市民団体による市民共同出資の太陽光発電装置設置の動きがあった。

 構成団体のひとつ、「かわさき市民共同おひさまプロジェクト」は、08年に川崎市国際交流センターなど、「原発ゼロ市民共同かわさき発電所」は、15年に中原区と高津区の建物屋上に市民共同太陽光発電装置を設置している。

 設立総会で竹井会長は「市内で取り組む各団体の情報や知識を共有し、地域の再生可能エネルギー事業化実現へ向けて取り組んでいきたい」と挨拶した。

 一昨年から各団体が集まり、協議会の前身となる研究会を発足。川崎地域の資源でできる再生可能エネルギーと設置場所や規模など議論を重ねてきた。研究会では、市内でできる再生可能エネルギーを屋根貸し=太陽光発電=との考えを示し、初期投資を回収する期間(最低20年)を踏まえ、建物が保存される「公共施設」への設置を活動方針の一つとして掲げた。

 竹井会長は「現在はどこの施設に設置できるか行政と情報交換を行っている。『屋根貸し』の仕組み作りなど各団体の知恵を出し合い、具体的な話を進めていきたい」と話す。

 協議会は認定NPO法人アクト川崎、かわさき市民共同おひさまプロジェクト、NPO法人原発ゼロ市民共同かわさき発電所、NPO法人川崎フューチャー・ネットワーク、マンション管理組合発電所、ミツバチの会、伊藤清美さん(麻生区クールアース推進委員会委員)の6団体1個人で構成される。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

県救急医功労者に御宿医師

県救急医功労者に御宿医師 社会

幸急患診療に尽力

9月24日号

市独自で年内制定へ

犯罪被害者等支援条例

市独自で年内制定へ 社会

相談窓口に心理職ら配置

9月24日号

高さ120m 複合施設整備

京急川崎駅西口地区

高さ120m 複合施設整備 社会

周辺地域活性化へ

9月17日号

「4年間の達成度は?」

福田市長マニフェスト

「4年間の達成度は?」 政治

大学准教授ら5人が検証

9月17日号

パリ、ロスも五輪目指す

ビーチバレー石島選手

パリ、ロスも五輪目指す スポーツ

川崎からメジャー競技に

9月10日号

地域型 川崎区に1カ所増設

障害者相談支援センター

地域型 川崎区に1カ所増設 社会

地区担当制で体制強化

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook