川崎区・幸区版 掲載号:2016年4月22日号 エリアトップへ

外国人市民意識調査 不安や困惑の実態明らかに 制度の伝達方法に課題

社会

掲載号:2016年4月22日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は4月14日、外国人市民が生活に関する不安や困惑していることについて直接、外国人市民にインタビューしてまとめた外国人市民意識実態調査」を公表した。支援制度があっても情報がうまく伝わらない実態などが浮き彫りになった。

 同調査は昨年実施したアンケート調査に基づく報告書の補完版。書面調査だけでは把握しきれない外国人市民の不安や困惑の実態を明らかにする狙いがある。 調査は、昨年6月から8月末にかけて学識経験者らで構成するチームが、44人を対象にインタビュー形式で行った。

 報告書は、A4サイズ91ページで「子育てをめぐる課題」「学校や教育における課題」「雇用と労働」など、11章で構成されている。

 「介護が必要になった場合の暮らし方」については「国民年金に入れるようなことを『知らせてくれなかった』ゆえに、現在その分を受け取ることができない」「介護保険についても、制度があるからといって、十分な介護が受けられるのか疑わしく思っている」と不安な声が紹介されている。

 年金の加入については「会社側は、社会保険を適用することに消極的で、雇用するときに加入のメリットをろくに説明しない」という意見があった。

 「子育てをめぐる課題」では、「福祉制度の利用を求めて相談所に行ったところ『会社に頼んでください』と言われ、会社に相談できずに困った」という声が取り上げられている。

 最終章では、調査チームが「通訳・翻訳体制の整備」「相談体制の拡充」「情報の多言語化」などを提言。また、繰り返されるヘイトスピーチデモについて「昨今の状況を踏まえた声が十分にとれたわけではない」と市に対し、さらなる実態把握に努めるよう促す。

 川崎市は、「支援のための制度や事業を外国人市民が使いやすいものにする必要性や制度の周知が課題とし、今後の施策に反映していきたいとしている。

 報告書の閲覧は、情報プラザ、川崎市のHPなど。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

入学式 来週実施へ

市立学校

入学式 来週実施へ 社会

授業再開は検討続く

4月3日号

殿町に気候変動情報拠点

川崎市

殿町に気候変動情報拠点 社会

市に施策提言も

4月3日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 社会

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

子連れ献血4月開始

ルフロンルームで

子連れ献血4月開始 社会

市民の声 契機

3月27日号

解釈指針を発表

川崎市差別禁止条例

解釈指針を発表 社会

具体的言動などを例示

3月20日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク