川崎区・幸区版 掲載号:2016年11月4日号 エリアトップへ

インフル市内報告数 10月3週目に24人 今年は流行早めか

社会

掲載号:2016年11月4日号

  • LINE
  • hatena

 インフルエンザ疾患による学級閉鎖などの報告数が9月中旬以降、全国的に増加する中、川崎市でも先月17日、麻生区の小学校1校で学級閉鎖があるなど、昨年よりも高い発生数で推移している。市は「例年に比べて流行が早まるのでは」と注意喚起している。

前年比で急増

 市内(定点60施設)のインフルエンザ患者報告数は、9月12日〜18日の15人(昨年同期0人)を皮切りに、9月26日〜10月2日には19人、3日〜9日に10人(同0人)、10日〜16日に9人(同5人)と高い数値で推移。17日〜23日には24人(同1人)に達した。

 インフルエンザは例年12月から3月ごろに流行し、1月から2月にピークを迎えるが、年によっては早めに流行し始めることもあるという。

 川崎市健康安全研究所は「昨年よりも定点あたり報告数も多い状況から、早めの流行も推測できる。今年は夏場の発生状況が通常と違った感覚だったため、冬場もしっかりと見ていかなくてはならないと考えている。予防接種などの対策を早めに検討してもらいたい」としている。

 インフルエンザワクチンは、2015・16年のシーズンからA型2種、B型2種の計4種類を含んだものが導入されている。A型2種は09年以降の流行株「A/H1N1亜型」と、いわゆるA香港型「A/H3N2亜型」。B型は山形系統、ビクトリア系統。同研究所は「まだ検体数が少ないため詳細は分からないが、A型の発症が増えるかもしれない」と予測。さらに、外出後の手洗いやうがいの徹底、人ごみを避けること、マスク着用などの予防を呼びかけている。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

神輿渡御「継続へ」工夫

地元神社

神輿渡御「継続へ」工夫 文化

コロナ退散への願い込め

7月23日号

「地域内循環」目指す

ペットボトルリサイクル

「地域内循環」目指す 社会

市内企業の技術活用

7月23日号

「秋は音楽で心満たそう」

かわさきジャズ

「秋は音楽で心満たそう」 文化

公演ラインナップを発表

7月16日号

照明塔、来年度から撤去

旧川崎球場

照明塔、来年度から撤去 社会

遺構の保存、焦点へ

7月16日号

東日本完訪でロマン一里塚

「市役所前」バス停調査に14年

東日本完訪でロマン一里塚 社会

川崎区中島 飯島さん

7月9日号

7割が着替え男女同室

市立小1、2年生

7割が着替え男女同室 教育

市教委、「現場対応」促進へ

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter