川崎区・幸区版 掲載号:2017年1月1日号 エリアトップへ

「選ばれる都市」さらに前へ 福田市長 新年の抱負語る

政治

掲載号:2017年1月1日号

  • LINE
  • hatena
川崎市の重点施策について語る福田市長
川崎市の重点施策について語る福田市長

 2017年の年頭にあたり、本紙では福田紀彦市長に恒例の新春インタビューを行った。市長は、子育て環境の充実などを今年の重点施策に挙げるとともに新年の抱負を語った。

(聞き手 本紙・川崎支社長 原田一樹)

子育て環境充実に力

 ――あけましておめでとうございます。早速ですが昨年の川崎市はどんな年だったのか振り返りをお願いいたします。

 「あけましておめでとうございます。国の人口が減少する中、川崎市では予測を上回る人口増加が続き、今年中には150万人に達する見込みです。特に子育て世代の転入が多く、若い方々に『選ばれる都市』として進化を続けています。

 昨年は、市政の今後10年間の方向性と取り組みを定めた『総合計画』を策定しました。特に、今後さらなる高齢化やケアを必要とする方々が増えることが想定される中でも、みんなが安心して暮らし続けられる地域づくりが大変重要です。そのため、各区に『地域みまもり支援センター』を設置して、保健師など市職員がコーディネーターとなった、近所での顔の見える関係をつくり、お互いに支え合う取り組みである地域包括ケアシステムが本格的にスタートしています」

 ――ありがとうございます。今年取り組む施策について、「市民ファースト」の目線で語っていただけませんか。

 「今年は、子育て環境をさらに充実させるため、この4月から小児医療費助成の対象を小学校6年生まで拡大し、待機児童対策にもより一層の力を入れていきます。また、ご期待をいただいておりました中学校給食も今年中に全ての中学校で温かく、おいしく、健康的な食習慣を身に付けてもらうための『健康給食』の提供を開始します。

 熊本県をはじめ各地で大きな地震が発生しているほか、ゲリラ豪雨などの風水害も頻発しています。市として安全な避難・輸送ルートの確保や公的な備蓄内容の見直しなど、様々な取り組みを強化します。また、市民の皆様が防災意識を高めて備えることが大変重要となります。町内会・自治会などへ加入し、参加することによって日頃から地域で助け合う体制を整えていただくことを強くお願いします。

 新しい施設としては、川崎区の富士見地区に体育館と2013席の大ホールを併設したスポーツ・文化総合センターをオープンし、川崎駅の北口自由通路をはじめ、市内の主要駅での改良などの交通環境の整備を推進します。

 羽田空港と川崎を結ぶ橋の整備も、2020年の完成を目指していよいよ始まります。臨海部に世界最先端の研究機関や企業が集まり、日本の成長をリードする拠点として形成を進めていきます」

公約「順調に進展」

 ――川崎区の今年の重点的な取り組みについてはいかがでしょう。

 「川崎区は、多摩川の最も下流にあたり、市内で唯一海に面していることから、津波避難訓練に加えて、総合的かつ実践的な防災訓練に自主防災組織や消防団などの皆様と一緒に取り組みます。また、区内には多くの企業がありますので、さまざまな企業で働く方の協力を得て、中学校で『働くこと』をテーマにした出前授業を行います。さらに、東海道に関する歴史や文化を展示する『東海道かわさき宿交流館』などを活用して、まちのにぎわいづくりや地域への愛着を持てるまちづくりを進めます」

 ――福田市政が誕生してから4年目になり、今年秋には市長選が行われます。この3年間のご自身の公約を含めた総括と今年の抱負、市長選への考えをお聞かせください。

 「公約は、市民の皆様とのお約束ですので、この間、スピード感を持って取り組んできました。特に、待機児童の解消をはじめ、中学校完全給食の導入、小児医療費の拡充など、子育てしやすい環境の整備について、全力で進めてきました。それ以外の公約についても、おおむね順調に進展していると思っています。

 ただ、市内の課題もまだまだたくさんありますので、まずは残りの任期を全力で頑張りたいと思います。

 今までも川崎はピンチをチャンスに、課題を成長につなげてきた歴史があり、先人たちのDNAが私たちの中に備わっていると思います。こういったチャレンジスピリットを忘れずに、これからも挑戦し続けたいと思います。そのためにはやはり、自分たちのまちは自分たちでつくっていくという市民の皆様と私をはじめ市職員のお互いの高い意識が大事だと思います。

 今年も市民の皆様とともに、川崎を一歩先へ、もっと先へ進めたいと思います」
 

今年の川崎区の取り組みについて語る福田市長
今年の川崎区の取り組みについて語る福田市長

ご葬儀のセレモニアグループ

新しい生活様式に合わせたご葬儀をご提案します

https://www.sano-sousai.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

京急川崎駅前に広場案

京急川崎駅前に広場案 社会

市、整備の考え方示す

11月27日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月27日号

賀詞交換、紙上で

川崎区

賀詞交換、紙上で 文化

幸区は開催を断念

11月20日号

念願の県大会初V

大師中軟式野球部

念願の県大会初V スポーツ

来年3月 全国大会へ

11月13日号

臨海部活性へ投資促進策

臨海部活性へ投資促進策 社会

市が制度案公表

11月13日号

在籍者10年で1.5倍

市立小中特別支援学級

在籍者10年で1.5倍 教育

教員数の確保に課題

11月6日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

ガーデン川崎の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは044-355-7700

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク