神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2018年5月4日 エリアトップへ

外国人市民を支援 識字ボラの養成講座開講 5月10日から市教文で

教育

公開:2018年5月4日

  • LINE
  • hatena

 川崎市ふれあい館(川崎区桜本)と川崎市教育文化会館(川崎区富士見)は5月10日(木)から「識字・日本語ボランティア入門研修」を市教育文化会館で開講する。

 2017年12月末時点の外国人市民は3万8778人。このうち川崎区に1万4855人、幸区に4796人と市内全域の50%が両区に在住する。スーパーマーケットでの買い物や医療機関でうまくコミュニケーションが図れず困っている外国人市民も多く、彼らを支える日本語(識字)ボランティアの育成が急務となっている。

 識字学級には日本語が全くできない外国人市民の参加も多く、ボランティアはマンツーマン形式での対応が求められていることから「1人でも多くの市民に日本語ボランティアに参加してもらいたい」と主催者は呼びかける。

 講座は6月7日(木)までの全5回で大学教授による識字・日本語ボランティアについての解説のほか、異言語学習体験や外国人市民とともに川崎の街を歩く体験学習などを行う。修了後は市教育文化会館または市ふれあい館で開催される識字学級で実習もできる。

 受講料は無料。定員は先着20人。申し込みは各館に直接来館か、電話、FAXで。

 問い合わせは市教育文化会館(川崎区富士見2の1の3【電話】044・233・6361【FAX】044・244・2347)。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

川崎との友好描く

YUSEIさん、クロアチアで巨大壁画

川崎との友好描く

6月14日

6月24日から試行実施

「こども誰でも通園制度」 川崎市

6月24日から試行実施

6月14日

川崎版「うんこドリル」誕生

市制100周年コラボ事業

川崎版「うんこドリル」誕生

「子どもの権利」楽しく解説

6月14日

能登に義援金「再建を」

川崎市全町内会連合会

能登に義援金「再建を」

6月14日

人気の定期演奏会

JFE吹奏楽部

人気の定期演奏会

6月23日 市産業振興会館

6月14日

文化芸術情報を一冊に

神奈川県

文化芸術情報を一冊に

県内イベントを紹介

6月14日

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook