川崎区・幸区版 掲載号:2019年1月1日号
  • LINE
  • hatena

サッカーS級資格 小坂さん、2年越しで取得 市内高校教諭として初

スポーツ

認定盾を手にする小坂教諭(左)と田嶋幸三JFA会長
認定盾を手にする小坂教諭(左)と田嶋幸三JFA会長

 川崎市立川崎高校(川崎区中島・高井健次校長)の小坂仁教諭が先月18日、日本サッカー協会(JFA)公認のS級コーチライセンスの認定を受けた。市内高校教諭としては初となる。

 S級コーチはJFAの公認指導者ライセンスの最上位。Jリーグや日本代表の監督を務める事もできる。資格を得るにはA級コーチジェネラルの資格が必須で、さらにS級の養成講習会を受講するためのトライアルに合格する必要がある。

 公認コーチはS級からD級まであり、2017年度の登録者数はD級4万5319人、C級2万8084人、B級4628人、A級1818人に対し、S級は昨年12月13日時点で478人という狭き門だ。川崎市内の高校教諭としては唯一のライセンス保持者となる。

学んだ事を次に伝える

 小坂教諭は水橋高校(富山県)時代の恩師の影響で教師となり、サッカー指導者資格もこつこつ取得してきた。A級資格の講習時に、プロとの力の差を実感。さらに上のレベルを目指し、S級挑戦を決意。2016年12月にトライアルに合格し、2年弱にわたる研修を受けた。研修ではサッカー技術だけでなく、試合分析やコミュニケーション、プレゼンテーションのスキルアップ、マネジメント学など幅広く学んだ。「40歳過ぎですけど泣きました」と、課題クリアに苦しんだ研修を振り返る。昨年12月に認定を受けた。合格を真っ先に知らせたのは家族。苦労を知る奥さんからは「よかったね、おめでとう」とねぎらいの言葉を受けた。

 小坂教諭は「認定式で盾をもらった時は、ここからがスタートだと身が引き締まった。学校関係者をはじめ、色々な人にお世話になった。無事に資格が取れてホッとした。また日本代表だった方などと同じステージに立つことの責任の重さも感じている」と話す。

 S級を取り、まず監督を務める川高サッカー部とU16神奈川代表チームを強くすることが使命だという。また、地域のサッカークラブなどから練習を見て欲しいなどのオファーがあれば、時間がある限り受けて直接指導に行き、地域に恩返ししていくつもりだ。

 川崎高校の高井校長は「経験で得た専門的知識を学校の中でクラスなどのチーム作りにも生かして欲しい」と期待を寄せる。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6件

差別禁止条例にヘイト対策

52校、15人でカバー

中学校給食栄養士

52校、15人でカバー

3月22日号

設置指針 14年ぶり改定

公共施設AED

設置指針 14年ぶり改定

3月15日号

神明町に来年春オープン

幸区に新公園

神明町に来年春オープン

3月15日号

食品ロス対策を強化

フードバンクかながわ

食品ロス対策を強化

3月8日号

1日限定ワンダーランドに

富士見公園

1日限定ワンダーランドに

3月8日号

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

動物とふれあう春の1日

3月24日

動物とふれあう春の1日

夢見ヶ崎動物公園

3月24日~3月24日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク