川崎区・幸区版 掲載号:2019年1月18日号
  • LINE
  • hatena

川崎市交通事故 自転車事故が3割超 利用者の6割「ルール違反」

社会

 2018年の川崎市内の交通事故発生件数は3290件だった。そのうち自転車関係の事故は1000件で30・4%を占める。市はルール違反者にマナーアップ指導を行うなど事故防止対策に取り組む。

 市内の交通事故件数は17年にいったん増加したが減少傾向にあり、ピーク時(00年・8425件)の約4割となっている。

 一方、自転車関係の事故件数は02年の2146件から半減はしているが、ここ5年ほどは横ばいだ。交通事故全体に対する比率は30・4%で県平均の23・2%、横浜市の21・0%(速報値)を上回る。

 市民文化局地域安全推進課によると、自転車関係の事故では自転車側の安全不確認、一時不停止など、利用者の約6割にルール違反があるという。市の担当者や警察関係者は「ルールを守れば防げる事故もある。自転車利用者の意識向上が事故防止のカギ」と口を揃える。

5区に指導員派遣

 市は対策として市内小中、高校で自転車教室や交通安全教室を開くほか、神奈川県交通安全対策協議会から自転車交通事故多発地域に指定されている5区(川崎・幸・中原・高津・多摩)に自転車マナーアップ指導員を派遣。4人の指導員が週4日、各区の重点地域を巡回し、「ながらスマホ」やイヤホン使用者などに直接指導をし、マナー向上を呼びかけている。

 市内では17年12月、麻生区でスマートフォンを操作しながら電動自転車を運転していた女性が歩行者をはねて死亡させる事故が発生。市内で最も事故が多い川崎区の川崎警察署交通課長は「自転車も車両という意識を持ってもらいたい。加害者になることもあるので、自転車保険に加入してほしい」と訴える。

 市は17年度までに事故多発箇所(幸区中幸町1号線など)32カ所に自転車道や自転車専用通行帯などを整備。今年度中には自転車利用者が多い川崎駅など15カ所と川崎区殿町周辺の地域自転車ネットワーク計画を策定し、次年度から整備する予定だ。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6件

大師念仏が市文化財指定

10月から運賃値上げ

市バス

10月から運賃値上げ

2月15日号

子育て重点、基盤固めへ

川崎市予算案

子育て重点、基盤固めへ

2月8日号

市内3地区で効果検証

シェア自転車

市内3地区で効果検証

2月8日号

4冠獲得に向け意気込み

産業道路新駅で内覧会

京急大師線

産業道路新駅で内覧会

2月1日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

総勢100人で大会議

川崎区

総勢100人で大会議

地域イベ参加者募集

3月10日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク