川崎区・幸区版 掲載号:2021年2月12日号 エリアトップへ

第6回定例会一般質問報告 市政報告 「川崎市差別のない人権まちづくり条例」の運用について! 公明党川崎市議団 ぬまざわ和明

掲載号:2021年2月12日号

  • LINE
  • hatena

 条例施行から約1年が経過しました。しかしながらインターネット上で行われている本邦外出身者に対する誹謗・中傷が収まりません。

 条例では、人権侵害による被害に係る支援を行うことが、定められています。

 当事者からの削除要請約340件、事業者委託による抽出が約9000件の対象事案があったことが明らかになりました。

 市長が削除要請することが妥当であるかを審査会に諮ることも定められていますが、7月の諮問件数2件、10月は5事案45件、12月2件と非常に少なく、拡散防止措置が図られていません。

 私は国で定めた「ヘイトスピーチ解消法」の参考資料にある、一部の文言に市が固執して狭義の解釈に陥っていることを指摘し、審査会への諮問件数を増やし拡散を防ぐように求めました。

 しかし市は、憲法で定める「表現の自由」に配慮して適正に運用しているとの答弁を繰り返し、改善への兆しが見られません。そこで私は11月大阪高裁の判決を例示し、「表現の自由」は無制限に保障されるものではなく、公共の福祉による合理的で必要やむを得ない限度の制限を受けることがあるとしていることから、表現の自由を隠れ蓑にした書き込みを諮問するよう求めました。

 今後も実効性のある条例運用が図られるよう取り組みます。

マイナンバーカードの交付遅れ改善へ!

 今年度は特別定額給付金やマイナポイント付与などにより、5月は例年の7倍約3万件の申請があり、その後は2万件程度で推移、交付残数は約6万8千件で3〜4カ月要するとの答弁でした。このうち申請したにも関わらず受け取りに来られていない件数は2万件あります。

 さらに国からは市内未取得者約100万人に対して勧奨ハガキが送付されることになっており、更なる申請数増加が見込まれることから、対応を質しました。

 市は「交付体制の強化を図る」と答弁しましたが、高齢者等は区役所に申し込み、受け取りにも行かなければならないことから、より簡便な受け取りができるよう求めました。

沼沢和明

神奈川県川崎市幸区南加瀬5-38-2-215

TEL:044-599-3894

http://www.numa-k.com/

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

運転免許「高齢者講習」の待機日数短縮を!

県政報告

運転免許「高齢者講習」の待機日数短縮を!

県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

11月26日号

決算議会にて、京急川崎駅周辺再開発事業について質問!

市政報告

決算議会にて、京急川崎駅周辺再開発事業について質問!

川崎市議会議員 本間 賢次郎

11月5日号

コロナ収束後の市立病院経営健全化に向けて!

市政報告

コロナ収束後の市立病院経営健全化に向けて!

みらい川崎市議団 たむら 京三

10月29日号

「リトルベビーハンドブック」作成へ!

小さな赤ちゃんのための母子手帳 県政報告

「リトルベビーハンドブック」作成へ!

県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

10月22日号

障がい者雇用拡大・大雨災害対策強化を!

市政報告

障がい者雇用拡大・大雨災害対策強化を!

公明党川崎市議会議員団 浜田まさとし

10月15日号

障害・高齢分野連携で「特別障害者手当」の周知を

市政報告

障害・高齢分野連携で「特別障害者手当」の周知を

日本共産党川崎市議団 渡辺学

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook