川崎区・幸区版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

幸落語研究会主催 名物寄席、2年ぶり実施へ プロアマ共演全7席

文化

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena
風林亭飴治郎さん(上)といしあたまさん
風林亭飴治郎さん(上)といしあたまさん

 プロとアマチュアの落語家が共演する「第55回・さいわい寄席」が4月25日(日)、幸文化センター(幸区戸手本町)で2年ぶりに開催される。主催する幸落語研究会代表の清流亭いしあたまさん(本名・深見政則さん 幸区古川町在住)は「こんな時期だからこそ、笑いを届けたい」と来場を呼び掛けている。

4月25日 幸文化センター

 さいわい寄席は、いしあたまさんが「一度でいいからプロの真打ちと寄席で共演したい」という夢を実現するため、1994年に実施。あまりにも好評を博したことから毎年春と秋の年2回開催し、今年で28年目になる。2013年7月には「アマ・プロ共演寄席入場者数日本一」(日本一ネット)に認定された名物寄席だ。昨年は新型コロナウイルス禍による緊急事態宣言が発令され、直前に中止となり、秋も開くことができなかった。いしあたまさんのもとには毎回楽しみにしているファンから中止を残念がる声が寄せられた。

 今回はプロ2席といしあたまさん門下生のアマチュア落語5席の計7席を予定。プロは女性初の真打ちで落語協会理事を務める三遊亭歌る多さんと二ツ目の林家なな子さんが高座に上がる。アマチュアは入門して6年ながら全国社会人落語大会に数回出演する風林亭飴治郎さんが泥棒噺の古典落語「転宅」を披露する。いしあたまさんは「プロの方の芸を間近で感じて(弟子の)技量向上につなげてもらいたい」とも語る。

 感染対策を施しながら実施し、公演は1回だけとなる。開演は午後1時30分で開場は30分前から。入場無料。小学生以上なら観覧できる。問い合わせは、事務局の雀坊さん(【電話】044・555・3458)。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

2年遅れ、事業費59億増

京急大師線立体交差

2年遅れ、事業費59億増 社会

地盤強度不足、追加工事で

5月7日号

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

万年筆絵 描き続け10年

幸区在住小林さん

万年筆絵 描き続け10年 社会

A6ノートに1200点

4月30日号

川崎大空襲の記憶刻んで

さいわい歴史の会

川崎大空襲の記憶刻んで 社会

延命寺で慰霊の会

4月23日号

福祉プラザに活動拠点

幸区保護司会

福祉プラザに活動拠点 社会

面談や情報共有の場に

4月23日号

地域つなぐ種まきに

東田公園

地域つなぐ種まきに コミュニティ社会

ヒマワリと紙芝居コラボ

4月16日号

ご葬儀のセレモニアグループ

新しい生活様式に合わせたご葬儀をご提案します

https://www.sano-sousai.co.jp/

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter