川崎区・幸区版 掲載号:2021年9月24日号 エリアトップへ

県救急医功労者に御宿医師 幸急患診療に尽力

社会

掲載号:2021年9月24日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに答える御宿さん
インタビューに答える御宿さん

 神奈川県の救急医療の発展に努めた団体や個人を表彰する2021年度「神奈川県救急医療功労者表彰」が9月9日に発表された。幸区から新塚越にあるゆりこどもクリニック院長の御宿(みしく)百合子さん(63)が受賞した。

 御宿さんは2002年6月から運営が始まった川崎市北部小児急病センターや、川崎市幸休日急患診療所などに勤務し、初期救急医療に貢献。川崎市医師会で救急休日・小児急病担当理事を務めるなどの功績が認められた。受賞について「小児科医として当たり前のことをやってきただけ。賞をいただくようなことはしていない」と謙遜した。小児科医にとって入院の必要のない初期救急は通常の診療の延長にすぎないという。夜中にやってくる患者で本当に朝まで待てないような症状の子どもは1割に満たないが、「それでもいつでも診てもらえるという体制が大切」と話す。救急医療体制は個人でなせることではなく、チームでなければできないことだと語った。

 同制度は1982年に9月9日が「救急の日」に制定されたことを機に設けられた。今年の受賞者は病院2、団体1、個人6人だった。市内ではほかに多摩区の豊田博史さんが受賞している。

実家の薬局が原点

 御宿さんは慶応大学医学部卒業後、同大小児科科学教室、足利赤十字病院、JA神奈川県厚生連伊勢原協同病院を経て、1999年から川崎市立川崎病院に勤務。04年にゆりこどもクリニックを開院した。実家がかつて薬屋を経営していて、夜中でも電話がかかってくると母親が対応していたのを見ていた。「いつでもかかれることが大切なこと」と常に感じていたのだという。

 川崎市は救急医療体制は整っているので安心してもらいたいとしながら、「自治会や学校などで救急蘇生の仕方など学んでもらいたい」とも。今はコロナ下で無理だが、いずれ中学や高校で蘇生術などを学ぶ機会を作れたらと思っている。
 

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

「子ども山車、譲ります」

旭町一丁目町内会

「子ども山車、譲ります」 文化

引手減り、保管も困難

10月22日号

アボカドで「市民一体に」

川崎F

アボカドで「市民一体に」 スポーツ

売り上げ一部 等々力整備に

10月22日号

LGBTQ、ダンスで表現

JDS出身ダンサー

LGBTQ、ダンスで表現 社会

「差別ない世界願う」

10月15日号

川崎区、フロンターレと協定

川崎区、フロンターレと協定 社会

まちづくりで連携

10月15日号

「消毒駅のご利用を」

尻手駅

「消毒駅のご利用を」 社会

若手職員が看板制作

10月8日号

地域連携で模擬患者養成

看護短大

地域連携で模擬患者養成 社会

リアルな授業を期待

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook