川崎区・幸区版 掲載号:2021年10月8日号 エリアトップへ

尻手駅 「消毒駅のご利用を」 若手職員が看板制作

社会

掲載号:2021年10月8日号

  • LINE
  • hatena
「消毒駅」を提案した関口さん
「消毒駅」を提案した関口さん

 JR南武線「尻手駅」の改札脇に「消毒駅(液)」が5月から新たに開設されている。「安心して駅や電車を利用してほしい」との思いで、アルコール消毒液の前に手作りの駅看板を設置。先行して設置されている御茶ノ水駅の例を参考に、若手職員が手掛けた。

 新駅「消毒駅」には尻手駅の改札に入る前、緑の窓口の脇で立ち寄ることができる。一つ前の停車駅は「対策」。消毒駅を過ぎると「習慣」にたどり着く。終着駅はもちろん「収束」だ。「新型コロナが1日も早く収束し、安心してご利用して頂けるよう考案した」と担当者は思いを語る。

 アイデアはSNSなどでも話題となった御茶ノ水駅の取り組みから着想。設置を提案したのは尻手駅に勤務して3年目の関口元基さん(25)と入社1年目の佐藤星斗さん(22)。関口さんは「南武線のイメージで色を変えるなど工夫した」とこだわりを語る。

 川崎市シティプロモーションが9月7日にツイッターに投稿した「消毒駅発見」のツイートにはリツイート324件、いいね1227件(10月1日時点)が付いている。関口さんは「写真を撮る人の姿もたびたび見かける。駅看板設置前は消毒液を遠慮がちに利用する人も多かったが、ハードルも下がったのでは」と効果を実感する。同駅助役の大内創さんは「駅を快適に利用していただくためにも、若手職員からのこうしたアイデアはありがたい。今後も積極的に取り組んでほしい」と期待を寄せた。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

市立小の不登校 800人超

市立小の不登校 800人超 教育

昨年度、5年連続で過去最多

10月29日号

投票率向上へ創意工夫

地元有志

投票率向上へ創意工夫 社会

選挙割やシール配布で

10月29日号

「子ども山車、譲ります」

旭町一丁目町内会

「子ども山車、譲ります」 文化

引手減り、保管も困難

10月22日号

アボカドで「市民一体に」

川崎F

アボカドで「市民一体に」 スポーツ

売り上げ一部 等々力整備に

10月22日号

LGBTQ、ダンスで表現

JDS出身ダンサー

LGBTQ、ダンスで表現 社会

「差別ない世界願う」

10月15日号

川崎区、フロンターレと協定

川崎区、フロンターレと協定 社会

まちづくりで連携

10月15日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook