川崎区・幸区版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

川崎区、フロンターレと協定 まちづくりで連携

社会

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena
富士通スタジアム川崎で行われた協定締結式=1日©川崎フロンターレ
富士通スタジアム川崎で行われた協定締結式=1日©川崎フロンターレ

 川崎区役所とサッカーJ1・川崎フロンターレが10月1日、まちづくりに関する連携協定を締結した。区制50周年や東海道川崎宿起立400年の節目を来年度に控える同区は、フロンターレが持つネットワークや発信力に期待を寄せ、区民の郷土愛を育んでいきたい考えだ。

 歴史・文化、スポーツなど地域資源を生かしたまちづくり▽地域コミュニティー活性化▽緑化推進や区のイメージアップ▽健康増進、子ども・子育て支援▽地域防災や交通安全▽多文化共生推進▽SNSやウェブサイトなどでの広報協力―など8項目で協定を締結。1年ごとに自動更新される。区役所担当者は「区の課題解決につなげていければ」と語る。

 川崎区での川崎フロンターレの活動は、2015年から富士通スタジアム川崎をはじめとした富士見公園南側を指定管理者として運営する。協定締結で、同クラブが自主事業として行ってきた「夏祭り」や、川崎球場時代から残る照明塔や外野フェンスなどの遺構や球場の歴史の伝承活動などが区とともに継続的に行われるようになる。

 区役所と川崎フロンターレによる同様のまちづくり協定は高津区でも同日に締結。2010年には宮前区でも結んだ。一方、幸区や中原区、麻生区ではアシストクラブを設立し、多摩区は「フロンタウン生田」の建設事業で地域に携わる。

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

「子ども山車、譲ります」

旭町一丁目町内会

「子ども山車、譲ります」 文化

引手減り、保管も困難

10月22日号

アボカドで「市民一体に」

川崎F

アボカドで「市民一体に」 スポーツ

売り上げ一部 等々力整備に

10月22日号

LGBTQ、ダンスで表現

JDS出身ダンサー

LGBTQ、ダンスで表現 社会

「差別ない世界願う」

10月15日号

川崎区、フロンターレと協定

川崎区、フロンターレと協定 社会

まちづくりで連携

10月15日号

「消毒駅のご利用を」

尻手駅

「消毒駅のご利用を」 社会

若手職員が看板制作

10月8日号

地域連携で模擬患者養成

看護短大

地域連携で模擬患者養成 社会

リアルな授業を期待

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook