川崎区・幸区版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

旭町一丁目町内会 「子ども山車、譲ります」 引手減り、保管も困難

文化

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena
子ども山車と町会役員ら
子ども山車と町会役員ら

 川崎区の旭町一丁目町内会(土屋英治会長)が、夏祭りなどで子どもたちが引き歩く山車の譲渡先を探している。現在の保管場所を来年3月までに引き払わなければならず、引手も減少していることから処分も検討したが、解体への抵抗感から、「有効活用してくれる人に譲りたい」としている。

 現在、山車の保管場所として借りている個人宅駐車場の取り壊しが決まっており、町内会館も手狭で引き取れず、手放すことを決断した。

 町内会役員によると30年ほど前は夏祭りで30から40人くらいの子どもが山車を引いて町内を巡行し、ところどころ休憩しながらお菓子をもらう姿があった。ただ5・6年前から山車を引く子どもが極端に減ってきたという。旭町公園での夜店には多くの子どもが集まるにもかかわらず、山車の参加者は10人に満たなくなった。子ども会とも相談し、もう山車は必要ないと判断をした。

 処分することも検討したが、町内会役員には「子どもの頃は競って台に乗って太鼓を叩いたりした」などの思い出を持つ人もおり、解体は忍びないとして譲渡先を探している。9月27日の稲毛神社の氏子総代会で他の町会に打診をしてみたが手は挙がらなかった。

 土屋会長は「みんなで楽しく仲良く使ってもらえたらうれしい。できれば今まで山車をもっていなかったところにいって喜んでもらえたらと思う」と呼びかける。

 山車は1951年(昭和26年)に造られたもの。屋台部分は長さ約190センチ、幅約170センチ、高さは太鼓上の飾りまで約250センチ。山車を引く梶棒まで含めると長さ約300cmになる。

 問い合わせは土屋会長(【携帯電話】080・1187・5581)へ。

福祉クラブ生協が働く仲間募集中

幸区内の7つの職場で家事・介護・車での移動サービスなど有償ボランティアも募集

https://rarea.events/event/102062

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

人権の大切さ訴え

オンブズパーソン

人権の大切さ訴え 教育

南河原中で「子ども教室」

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

南北つなぐ「やさいバス」

南北つなぐ「やさいバス」 社会

地産地消めざし 運行開始

11月26日号

歴史刻む写真1千点

渡田山王町故所榮一さん

歴史刻む写真1千点 社会

妻・芙美子さん、区に寄贈

11月26日号

聖火トーチ、リレーで展示

川崎区内4郵便局

聖火トーチ、リレーで展示 文化

東京五輪の感動 地域へ

11月19日号

事故・詐欺防止へ連携

幸警察署

事故・詐欺防止へ連携 社会

第一生命、外郭2団体と協定

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook