川崎区・幸区版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

川崎区内4郵便局 聖火トーチ、リレーで展示 東京五輪の感動 地域へ

文化

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena
トーチを「第二走者」に手渡す柴田さん(左)
トーチを「第二走者」に手渡す柴田さん(左)

 川崎区内の4郵便局でトーチを巡回展示する「聖火トーチリレー」の出発式が11月9日、川崎港郵便局で開催され、大師海岸郵便局に手渡された。現在は旭町郵便局(22日まで)で展示され、最後に浅田郵便局(23日〜30日)につなぐ。沿道で見ることのできなかった住民の目に触れる機会を作りたいと企画された。

 神奈川県は新型コロナの感染拡大を受け、6月に予定していた聖火リレーの公道走行を中止に。港郵便局からは所属の柴田彩乃さん(28)が聖火ランナーに選出されていた。実際に走ることは叶わなかったが、五輪の感動を地域住民と共有したいとの思いで港郵便局の小松崎将和局長を中心にトーチリレーが企画された。小松崎局長は出発式で「コロナ禍で沈みがちな市民の心にリレーを通じて灯りをともすことができれば」と思いを込める。

 柴田さんは昨年出産を経験。節目としてランナーに手を上げていた。点火式に参加し、「家族と参加できて思い出に残った。今回のリレーでも多くの人の心に残れば」と話す。「第二走者」となった大師海岸郵便局の石渡幸一郎局長は「初めて手に取り感動した。せっかくの機会なので多くの方に五輪の余韻を味わってほしい」とあいさつした。

 同企画は川崎区内の20郵便局の中から、展示が可能な3局を選出。11月9日から15日まで大師海岸郵便局、16日から22日まで旭町郵便局、23日から30日まで浅田郵便局で展示。最後は港郵便局に返還される。

出発式に参加した小松崎局長(前列左から2番目)と関係者ら
出発式に参加した小松崎局長(前列左から2番目)と関係者ら

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

人権の大切さ訴え

オンブズパーソン

人権の大切さ訴え 教育

南河原中で「子ども教室」

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

南北つなぐ「やさいバス」

南北つなぐ「やさいバス」 社会

地産地消めざし 運行開始

11月26日号

歴史刻む写真1千点

渡田山王町故所榮一さん

歴史刻む写真1千点 社会

妻・芙美子さん、区に寄贈

11月26日号

聖火トーチ、リレーで展示

川崎区内4郵便局

聖火トーチ、リレーで展示 文化

東京五輪の感動 地域へ

11月19日号

事故・詐欺防止へ連携

幸警察署

事故・詐欺防止へ連携 社会

第一生命、外郭2団体と協定

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook