川崎区・幸区版 掲載号:2022年1月28日号 エリアトップへ

カワハル企画部 3月、若者のための文化祭 学校外の発表の場を提供

文化

掲載号:2022年1月28日号

  • LINE
  • hatena
発起人の竹端晴菜さん
発起人の竹端晴菜さん

 県立川崎高校の卒業生らで昨秋立ち上げた「カワハル企画部」が、3月26日(土)、27日(日)に教育文化会館で「かわさき春の文化祭」を開催する。若者たちの学校外での発表の場を作ろうと、中学生から22歳までの人から展示作品などを募っている。

 カワハル企画部は県立川崎高校ボランティア部の卒業生ら5人で活動する。教育文化会館で子どもたちの自由研究をサポートする市民自主事業に携わってきた縁で、同館を拠点とした同企画部を発足した。

 文化祭発案のきっかけとなったのは、代表を務める大学生・竹端晴菜さん(20)=川崎区追分町在住=の妹のひと言。「学校の文化祭がコロナの影響で学内だけのものになってしまってさみしい」との声を聞き、学生らの部活動などの成果発表の場を作りたいと、昨年10月から準備を進めてきた。竹端さんは「これまで子どもたちを中心に関わってきたが、同世代や若い人とつながる機会にもなれば」と話す。

 竹端さんはもともと、積極的に企画などを提案するタイプではないというが、「一緒に活動してきた幼馴染が新たな団体をスタートさせた。自分にもできるかもと思えた」と一念発起。同企画部をスタートさせ、試行錯誤しながら文化祭実施にこぎつけた。同館の小宮肇さんの「高校3年間一緒に活動してきた仲間。卒業で途切れさせるのはもったいない。今後も集まるきっかけになるのでは」との言葉が後押しとなったという。

 文化祭は26日、27日両日午前10時から午後4時まで。応募対象は川崎市内在住、在学の中学生から22歳までで、3月19日から25日の期間に作品を同館に持参できる人。形式を問わず展示ができる作品または、パフォーマンス(ダンスや演奏)を最大10分でDVDにしたものを募集している。

 申し込みや詳細はウェブサイト(https://www.city.kawasaki.jp/kawasaki/page/0000136277.html)から。2月20日(日)締め切り。

教文の利用促進に期待

 小宮さんによると、教育文化会館の利用者の多くはシニア層。サークル活動も高齢化が進み、運営の継続が困難になるケースもあるという。小宮さんは「若者にも気軽に足を運んで使えることを知ってほしい。文化祭は良いきっかけになるのでは」と期待を寄せる。

 コロナ禍で地域住民らが集う催しが中止になっていることから、竹端さんは「今後はさまざまな団体とつながれるお祭りなどを企画したい」と意欲を見せる。

福祉クラブ生協が働く仲間募集中

幸区内の7つの職場で家事・介護・車での移動サービスなど有償ボランティアも募集

https://rarea.events/event/102062

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

小倉3部作で地域活性

商店街PRソング

小倉3部作で地域活性 社会

第1弾は6月5日披露

5月20日号

待機児童2年連続ゼロ

川崎市

待機児童2年連続ゼロ 社会

保留は4年連続減少

5月20日号

ヘイトクライム対策要望

ヘイトクライム対策要望 社会

ふれあい館館長ら、古川法相に

5月13日号

100周年へ会員増に意欲

沖縄県人会金城会長

100周年へ会員増に意欲 文化

運動、ライブなど交流事業再開へ

5月13日号

新しい福祉拠点始動

川崎区桜本

新しい福祉拠点始動 社会

「みんなの家」 孤立、貧困対策

5月6日号

防災訓練、若手参加へ一手

幸区

防災訓練、若手参加へ一手 社会

親子向け宿泊体験

5月6日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook