神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2022年5月6日 エリアトップへ

「看護の心」広げたい

社会

公開:2022年5月6日

  • LINE
  • hatena
堀田彰恵会長
堀田彰恵会長

看護の日インタビュー

 5月12日の「看護の日」に合わせ、看護職の現状や課題について川崎市看護協会の堀田彰恵会長に話を聞いた。



 ―長引くコロナ下で看護の現場は

 「感染対策をしながらの仕事はやはり負担です。家庭に伺う訪問看護師らは、電車に乗らないなど自主規制をする方もいます。そんな中ですが、患者さんの心に寄り添う看護師の努力をよく耳にします。ある病院では、面会制限がある中、寝たきりの患者さんをベッドごと別室へ運び、ビニールシート越しですが家族との面会を行ったそうです。患者さんを思う配慮に感心しました」

 ―ニーズが多様化し人材確保が課題

 「病院をはじめ高齢者施設、保育所など看護師のニーズは多様です。特に地域完結型の医療体制では、訪問看護師は必要となります。川崎市は今年4月、看護大学を開学し人材確保と育成を強化しています。また資格があっても働いていない方も多いです。責任が重い仕事ですので、処遇改善が必要だと感じます」

 ―川崎市看護協会の役割について

 「私たちはスキルアップや未就業者の後押しとなるような復職支援の研修、離職防止の取り組みなどさまざまな活動を通じ、看護職が安心して働ける環境整備に寄与する取り組みを行っています。看護の『看』という漢字は『手』と『目』を書きます。目で観て、手でケアする。これは看護の原点で人が人を思いやる基本動作です。不安の多い今だからこそ、人の気持ちを思う『看護の心』を皆さんと共有できればうれしく思います」

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

親子で自転車ルール学ぶ

親子で自転車ルール学ぶ

西御幸小学で教室

5月24日

Ⅴリーグ王者が指導

Ⅴリーグ王者が指導

7月26日 バレー教室

5月24日

国の「交流拠点」モデルに

等々力緑地

国の「交流拠点」モデルに

収益性の計画などを評価

5月24日

市、核実験に抗議文

市、核実験に抗議文

 バイデン大統領宛に

5月24日

「心のスイッチ」入るまで

若者支援施設ブリュッケ 活動11年目

「心のスイッチ」入るまで

5月24日

県民ゴルフデー

名門程ヶ谷CC

県民ゴルフデー

7・8月対象日が特別料金

5月24日

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook