神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2022年10月14日 エリアトップへ

地元醸造所企画 鉄道150年、ビールで乾杯 きょうとあす、商議所前で催し

スポーツ

公開:2022年10月14日

  • LINE
  • hatena
150周年記念ボトルとカップ=東海道BEER川崎宿工場提供
150周年記念ボトルとカップ=東海道BEER川崎宿工場提供

10月14日の鉄道開業150年をビールで祝うイベントが14日(金)と15日(土)、川崎商工会議所前(川崎区駅前本町)の歩行者専用道路で開かれる。新橋、川崎、横浜の3駅にあるブルワリー(醸造所)が出店し、自慢のクラフトビールを提供する。

「歴史に思いはせて」

 主催するのは、東海道BEER川崎宿工場(川崎区本町)を運営する株式会社岩田屋(岩澤克政代表取締役)。日本初の鉄道は1872年に新橋-横浜間で走行。川崎が新橋、横浜と並んで最初に開業した現存する3駅の一つであることに同社は着目し「歴史に名を刻む数少ない駅の一つとして、地域を盛り上げよう」と企画した。イベントは「日本の鉄道開業150年を祝うビールフェスティバル」と銘打ち、川崎市、川崎商工会議所が後援する。

 開催当日は、東海道BEER川崎宿工場▽ナンバーナインブルワリー(横浜)▽國澤麦酒(新橋)の3店が出店。各店2種類のクラフトビールを1杯500円(税込)で販売する。土曜日には、東海道BEER川崎宿工場が鉄道開業150周年を記念したオリジナルビール「THE-THREE-STATIONS(ザ・スリーステーションズ)」(720ml)の限定販売も行う。

 ビールは鉄道150周年記念カップで提供。「鉄道の歴史に思いをはせながら、クラフトビールの飲み比べを楽しんでもらいたい」と岩澤さんは呼び掛ける。期間中、駅周辺では商店街イベント「いいじゃんかわさき」が開催されることにも触れ「川崎駅東口を回遊していただければ」とも語る。

 開催時間は14日が午後5時から9時、15日が正午から午後6時。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

「在留資格課題知って」

外国人支援団体白さん

「在留資格課題知って」

7月27日、教文で学習会

7月19日

高井選手「金目指す」

川崎F

高井選手「金目指す」

パリ五輪サッカー代表に リバーFC 出身

7月19日

DeNA「可能性広げる」

カワサキ文化会館移設

DeNA「可能性広げる」

市の若者文化創造発信拠点

7月12日

全国各地の風鈴集結

川崎大師

全国各地の風鈴集結

夏の風物詩 7月18日から

7月12日

悲しみ抱え、川崎で再出発

輪島の居酒屋楠健二さん

悲しみ抱え、川崎で再出発

妻子失うも「家族のため」

7月5日

「世界的な挑戦を続ける」

川崎市制100周年

「世界的な挑戦を続ける」

福田市長、先人の感謝込め式辞

7月5日

サマーウエディングフェア

22,000円相当の婚礼メニューから抜粋した「ミニコース無料試食」やチャペル見学など

https://www.kawasaki-nikko-hotel.com/wedding

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook