神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2022年11月11日 エリアトップへ

(PR)

町内会・自治会等が推薦「交通安全母の会」 地域の交通安全にも一役

公開:2022年11月11日

  • LINE
  • hatena
自転車の安全な乗り方を学ぶ子どもたち
自転車の安全な乗り方を学ぶ子どもたち

 川崎区中央・大師・田島の交通安全母の会が主催する 「大人と子どもの体験型交通安全教室」が10月29日、川崎競輪場で初めて開かれた。

 「交通安全は家庭から」をスローガンに掲げる交通安全母の会は、交通事故防止の啓発に取り組むボランティア団体。町内会・自治会等から推薦された女性会員が任命される。

 同会はこれまで、「市バス安全・安心フェスタ」に参加して啓発を行ってきたが、コロナ禍でイベントが2020年から行われていない。新たな事業を模索する中、たどり着いたのがこの体験型安全教室だ。佐山良子中央地区交通安全母の会会長によると、【1】交通事故多発地域の川崎区では自転車事故も多い【2】子どもたちを交通事故から守りたい【3】大人も交通ルールを改めて認識する機会をつくりたい―との思いから企画したという。

 開催当日は神奈川県に一台しかない県警交通安全教育車「ゆとり号」で、自転車シミュレーターや反射神経ゲームなど様々な交通安全体験を実施。持ち込み自転車で安全にコースを運転する体験会などを行った。母の会は紙とんぼや缶バッチ作成のワークショップを開いたり、ポップコーンのプレゼントなど少しでも楽しいイベントにしようと工夫を凝らした。「地域では近年、電動アシスト付き自転車の利用者も増えている。便利だが、スピードも出て危険。それも含めた教室を行っていきたい」と佐山会長。早くも来年度に向けて思いを巡らせている様子だ。

 区における交通安全母の会の役割について「交通事故撲滅に特効薬はないが、母の会による、地域や家庭への地道な啓発はとても大切」と増田宏之区長はさらなる活躍に期待を寄せる。

参加者と交流する交通安全母の会会員
参加者と交流する交通安全母の会会員

川崎区役所

川崎市川崎区東田町8番地

TEL:044-201-3113

http://www.city.kawasaki.jp/kawasaki/

川崎区・幸区版のピックアップ(PR)最新6

「おつけもの慶」が贈る、川崎100年の魅力大集合

5月29日から6月1日 アトレ川崎1階ツバキ広場

「おつけもの慶」が贈る、川崎100年の魅力大集合

市を代表する企業と団体が一堂に集結

5月24日

呼吸器の無料相談

6/6・20

呼吸器の無料相談

川崎・横浜公害保健センターで

5月24日

最新の生花祭壇を特別展示

最新の生花祭壇を特別展示

5月30日 平安会館わたりだ 予約不要

5月17日

弁護士らによる無料相談会

第351回

弁護士らによる無料相談会

先着8組 5月26日、ミューザ川崎

5月17日

駐輪場の仕事

学生・主婦・シニアに人気の求人

駐輪場の仕事

「矢向駅」「鶴見駅」 1日4時間半

5月17日

不動産や相続に関する無料の税務相談会

提携税理士による

不動産や相続に関する無料の税務相談会

三井住友トラスト不動産 武蔵小杉センターで

5月10日

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook