神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2023年1月1日 エリアトップへ

頑張る姿で勇気づけたい  パラ卓球日本代表選手 今泉大地さん

スポーツ

公開:2023年1月1日

  • LINE
  • hatena
金メダルを手に決意を示す今泉さん
金メダルを手に決意を示す今泉さん

 パラ卓球選手の今泉大地さん(33・川崎区藤崎在住)が2024年のパリパラリンピックへの出場を目指し、日々練習に励んでいる。

 今泉さんは先天性脳性まひで右半身の動きが不自由だが、苦しいリハビリに耐え、今は健常者同様に歩ける。パラ卓球のクラス分けでは立位C8というクラス。昨年11月に行われた第14回全日本パラ卓球選手権大会の同クラスで優勝し、18年以来の日本代表の座を手にした。しかしパラリンピックには日本代表が必ずしも出場できるわけではない。国際大会でポイントを重ね、世界ランキング15位以内に入るか、各大陸の選手権大会で優勝するか、国際卓球連盟の推薦を得なければならない。厳しい戦いの末に勝ち取った日本代表は国際大会に出るためのスタート地点にすぎないという。

 21年の東京パラリンピックは出られない悔しさもあったが、「もっと頑張ろう」という思いで観戦していた。そして先日の選手権には日本代表になる最後のチャンスと決意し臨んだという。「今回逃したら体力もそうだが気力を立て直す自信がなかった。死ぬ気で覚悟を決めてやってきた」と振り返る。技術はもちろん、メンタルを鍛えることに注力した。今まで試合中に考えすぎる傾向があり、気持ちの切り替えができないことが多かったが、色々な人に話を聞き、本を読み、課題をノートに書き出しトレーニングを積んだ。大会ではその成果が出て、たんたんと試合を進められ、結果を出すことができた。

 練習に励むのはパラリンピック出場を目指すとともに、障害のある子どもたちに頑張れば報われることを知ってもらいたいから。「パラアスリートとして頑張る姿、勝つ姿を子どもたちに見せて夢を持ってもらいたい」と熱く語る。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

人権問題に悩んだら

人権問題に悩んだら

市が特設相談所を開設

5月28日

Ⅴリーグ王者が指導

Ⅴリーグ王者が指導

7月26日 バレー教室

5月24日

国の「交流拠点」モデルに

等々力緑地

国の「交流拠点」モデルに

収益性の計画などを評価

5月24日

市、核実験に抗議文

市、核実験に抗議文

 バイデン大統領宛に

5月24日

「心のスイッチ」入るまで

若者支援施設ブリュッケ 活動11年目

「心のスイッチ」入るまで

5月24日

県民ゴルフデー

名門程ヶ谷CC

県民ゴルフデー

7・8月対象日が特別料金

5月24日

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook