神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2024年2月23日 エリアトップへ

人生、まだまだこれから 100年時代を生きるヒントを世界最高齢の男性サーファー 佐野さんに聞く

社会

公開:2024年2月23日

  • X
  • LINE
  • hatena
江の島の海で颯爽と波に乗る
江の島の海で颯爽と波に乗る

 80歳でサーフィンを始め、世界最高齢の男性サーファーとしてギネスにも認定されている佐野誠一さん(90)。「『高齢だから』と諦めるのは好きじゃない。まだまだ、これから」と話す佐野さんに、人生100年時代を豊かに生きるヒントを聞いた。

 --サーフィンを始めた理由を教えて下さい。

 「80歳になり仕事に余裕が出て、まず挑戦したのは富士登山。その翌週、『そうだ、サーフィンやろう』と思った。興味なかったんだけど突然に。すぐに藤沢市役所に電話して、クラブを紹介してもらった。富士登山の翌週にサーフィンを始めて、気づけば10年が経っていた」

 --80代のサーファーは珍しいですね。

 「私はそう考えなかった。年齢のせいにするのは潔くない。自分の名刺には『香気幸令者(こうきこうれいしゃ)』と書いている。『後期高齢者』なんて言われるの嫌だからね」

 --2022年にはギネスに認定されました。

 「『世界最高齢の男性サーファー』として認定されたけど、そのために続けてきたわけではないよ。『ただ、やりたい』から海まで来ている。江の島のスクールに来て準備体操しているだけで、不思議とホッとする。海の中に入れば自由気まま。だから楽しいよ」

 --ご自身を「さざなみサーファー」と呼んでいますね。

 「高い波に乗らなくても楽しむことはできる。さざなみであれば、年齢や性別に関係なく楽しめるし、高い波が来ない海でもできる。もっと気軽にサーフィンを始める人が増えて欲しいね」

おっくうがらず行動

 --人生100年を豊かに生きるには。

 「自分の場合は身体の調子で、まずは元気であること。経済的な部分も大切だね。また、『おっくう』という言葉があるけれど、おっくうがると全てが後手に回っちゃう。前向きにポジティブに生きるには『やろう!』と思い立った時に行動すること。そうしてきたから、今の私があると思っている」

 --おっくうになる瞬間はないのでしょうか。

 「いや、私もあるよ。人間だから、みんなあると思う。体調が悪い時や精神的に弱っている時は特にそうで、全てが逆になる。だからこそ、身体や心の健康を日々保つことが大切だね」

インタビューに答える佐野さん
インタビューに答える佐野さん

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

外国人人権考えるシンポ

オンライン参加も可

外国人人権考えるシンポ

4月27日 川崎区東田町で

4月13日

「飼育の日」にイベント

夢見ヶ崎動物公園

「飼育の日」にイベント

4月12日

「花壇ベンチ」で憩い演出

幸区

「花壇ベンチ」で憩い演出

川崎駅西口3カ所に設置

4月12日

フルート四重奏の音色

夢こん

フルート四重奏の音色

 4月18日 幸市民館

4月12日

老舗店舗リニューアル

神奈川トヨタ

老舗店舗リニューアル

川崎エリアの中核店舗に

4月12日

地域情報サイトを開設

京急電鉄(株)

地域情報サイトを開設

全7エリアで展開予定

4月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook