神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2024年4月5日 エリアトップへ

市職員2024年度人事 川崎市 女性管理職は過去最高

社会

公開:2024年4月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
川崎市役所新庁舎(川崎市提供)
川崎市役所新庁舎(川崎市提供)

 川崎市は4月1日、4265人(前年度比35人減)の2024年度人事異動を発令した。管理職の女性比率が25%、課長級に占める女性比率も25・9%となり、いずれも過去最高となった。市は引き続き女性登用を続けていくという。

 24年度の人事異動は、脱炭素社会に向けた取り組みや臨海部エリアにおける国の水素・炭素循環プロジェクトの推進、市立看護大学大学院の開学や、幸区新川崎地区での新設小学校の開校準備など、各プロジェクトを適切に推進するうえで必要な組織改編を目指したという。

 新たに任命された局(区・室)長は、白鳥滋之総務企画局長(前財政局長)など15人。女性職員の局長級への昇任者はなかった。

 再生可能エネルギー調整業務を適正化するため、脱炭素戦略推進室内の担当課長を細分化し、臨海部の水素供給や炭素循環関連のプロジェクトを企業や関係機関と調整するため、臨海部国際戦略本部成長戦略推進部に、プロジェクト推進担当を設置した。

 市立看護大学大学院の来春開学に向け、設置準備専門の担当部長を任命。同じく来春に新川崎地区に新設される「新小倉小学校」の開校準備のため、教育委員会学校教育部に担当部長と担当課長を配置。また能登半島地震や東日本大震災の被災地に向け、中長期派遣職員3人を任命した。

 市は「第5期川崎市男女平等推進行動計画」で、課長級職員に占める女性比率を2026年度までに30%以上とすることを目標に掲げている。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

川崎との友好描く

YUSEIさん、クロアチアで巨大壁画

川崎との友好描く

6月14日

6月24日から試行実施

「こども誰でも通園制度」 川崎市

6月24日から試行実施

6月14日

川崎版「うんこドリル」誕生

市制100周年コラボ事業

川崎版「うんこドリル」誕生

「子どもの権利」楽しく解説

6月14日

能登に義援金「再建を」

川崎市全町内会連合会

能登に義援金「再建を」

6月14日

人気の定期演奏会

JFE吹奏楽部

人気の定期演奏会

6月23日 市産業振興会館

6月14日

文化芸術情報を一冊に

神奈川県

文化芸術情報を一冊に

県内イベントを紹介

6月14日

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook