さがみはら緑区版 掲載号:2021年8月12日号 エリアトップへ

神奈川県司法書士会相模原支部の支部長を務める 田中 和亜(かずあ)さん 中央区陽光台在住 48歳

掲載号:2021年8月12日号

  • LINE
  • hatena

「法」で地域に支援を

 ○…市内で活動する「司法書士」約80人を束ねる県司法書士会相模原支部の支部長に就任。任期2年の中で「参加意識をあげる」ことを目標に掲げた。平等に活動を割り振り、個人の負担を減らすことで更なる発展をめざす。コロナ下で制限も多い中、本部と支部の顔つなぎとして、円滑な運営に努める。

 ○…横山小、清新中、弥栄東高校(現・相模原弥栄高)と生粋の相模原育ち。母が司法書士事務所に務めていたこともあり、幼い頃から法律に興味があった。大学は法学部へ。リクルートスーツを着込んでの就職活動が苦手で、「司法書士」になることに決めた。寝食以外は勉強に打ち込み、市内の事務所で働きながら26歳で試験を突破。「人付き合いが苦手で選んだ職だが、この仕事をすることで沢山の人と出会い、楽しく思えるようになった。人の力になれる、やりがいある仕事」

 ○…趣味はスポーツ観戦。大学時代からJリーグに入れ込み、横浜FCの設立当初からの熱心なサポーター。ホームはもちろん、車で足を延ばせる範囲で、年間30試合を観戦。大学生の息子も高校生の娘も、幼いときからの「英才教育」で引き込まれ、サッカーファンに。「遠征は家族での小旅行にピッタリ」と弾ける笑顔を見せる。

 ○…同支部を「地域の相談の窓口に」と意気込む。「とにかく気軽に相談してほしい。法で解決できること以外でも適切な機関につなげることができたら」と展望。地域の課題解決に法の専門家が携わる体制づくりをめざす。福祉や医療などの専門家が支援を行うことは多いが、そこに「法」の専門家として司法書士も加わるのが理想。「日々の生活で困ったことがあれば司法書士に」。まちの法律家として、地域に尽力する。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

爽日(さやか)さん

このほどシンガーソングライターとしてデビューした

爽日(さやか)さん

中央区在住 20歳

10月21日号

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

10月14日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

10月7日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

9月30日号

秋本 博寿さん

相原二本松商店街の会長に就任した

秋本 博寿さん

二本松在住 51歳

9月30日号

渡部 菜保子さん

記録員として東京オリンピックのバレーボール競技に携わった

渡部 菜保子さん

相原中学校在勤 43歳

9月16日号

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委質問時間No.1(2020~21年まで)

https://www.jitsugen.jp/

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook