ホーム > 厚木版 > ローカルニュース > 農作物の豊凶占う

厚木

大山阿夫利神社「筒粥神事」

農作物の豊凶占う

Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
一つぶ一つぶ丁寧に竹筒ですくった米を数える神職
一つぶ一つぶ丁寧に竹筒ですくった米を数える神職

 伊勢原市にある大山阿夫利神社(目黒仁宮司)で1月7日、『筒粥(つつがゆ)神事』が行なわれた。これは、江戸時代から続く伝統行事で、18種類の農作物の豊凶から1年間の天候などを占うもの。結果は筒粥表にまとめられ、大山講信徒の農業従事者に配布される。

 この神事では、神饌田(しんせんでん)で収穫した米を使用し、御神火で粥を炊く。炊かれた粥は米(早生・中手・晩生)をはじめ、大麦や小豆、蚕、大根など18種類の農作物名が記された小さな竹筒18本にすくいとられ、形の崩れていない米粒の数(一の位)でその豊凶が占われる。

 9が最良で0が不良。しかし、最良の9が出ても天災や様々な状況で実際には0となることも。

 当日は、壷に移された粥を2人の神職が竹筒で丁寧にすくい、交互に数字を読み上げていった。筒粥の結果を受けて目黒宮司は「今年は総数で言うと低い数字。しかし、米の早生・中手・晩生が3で並び生育的に乱れがなく、ゴマやキミが高い数字なので夏に照る。昨年に似たような天候になるのでは」と話した。

 神事の結果は古くは農業従事者の作付けの目安とされ、今でも詳細な検討と一緒に関東一円の1万戸以上の農業従事者に配布される。
 

  • 御神火で粥を炊く御神火で粥を炊く

関連記事

powered by weblio


厚木版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原