ホーム > 厚木版 > ローカルニュース > 高松山で初の合同踏査

厚木

高松山で初の合同踏査

県・市と研究団体 遺跡の有無を確認
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
土器片の発見場所を確認
土器片の発見場所を確認

 厚木市愛名の高松山で2月17日、県と市、高松山古墳保存運動(島口健次代表)ら研究団体による遺跡確認の調査が行われた。

 これは、島口代表が県や市に送った「高松山に古墳と思われる場所がある」との意見書によるもの。

 同山では以前にも現地確認が行われたが、古墳の存在を証明する物証は見つからなかった。意見書に基づき行われた昨年11月の県文化遺産課と市文化財保護課による合同踏査でも新発見はなく、今回は「現地で土器片を見つけた」という島口代表立会いのもと、初めて合同で現場を確認。昨年同山を調査した歴史古街道団(宮田太郎団長)らとともに、土器片発見などの経緯の説明がなされた。

 市では「近日中に結果を回答したい」としている。

〈関連記事人物風土記〉

 

関連記事

powered by weblio


厚木版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原